ポスト・デモクラシー―格差拡大の政策を生む政治構造

個数:

ポスト・デモクラシー―格差拡大の政策を生む政治構造

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862280145
  • NDC分類 311.7
  • Cコード C0031

内容説明

今日、西欧ではポスト・デモクラシーと呼ぶ体制が進行し、民主主義が衰退に向かっている。労働組合が弱体化し、企業の利益代表と政府の相互交渉によって政治が形成されて、権力と富の再分配政策はとても望めそうにない。少数の政治エリートが大衆の要求の管理と操作法を習得し、選挙は見世物的なゲームと化した。また公共サービスのブランド化。しらけた大衆は社会的上昇のため教育に異常な関心を示している。本書は富裕者優遇政策を生む構造的力を解明し、企業の政治支配防止、営利目的化しない公共サービス、政党の再生、新たなアイデンティティ形成など、その打開策を探る。格差拡大の政策が進む日本の政治状況にも大きな教訓となるヨーロッパ最新の思索。

目次

1 なぜポスト・デモクラシーか?
2 グローバル企業―ポスト・デモクラシーの世界の鍵を握る制度
3 ポスト・デモクラシーにおける社会階級
4 ポスト・デモクラシー時代の政党
5 ポスト・デモクラシーと市民的諸権利の商品化
6 結び―私たちはここからどこに向かうのか?

著者等紹介

クラウチ,コリン[クラウチ,コリン][Crouch,Colin]
1944年生まれ。現在はイギリスのウォーリック大学ビジネススクールの教授を務める。イギリスを代表する経済社会学者。これまで、オックスフォード大学、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、欧州大学院大学などで教育、研究を行ってきた。知的関心の幅広い知識人として、現実政治にも深く関わる新しい社会民主主義者

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年生まれ。東京大学法学部卒業後、同助手を経て、北海道大学法学部教授。専攻、行政学

近藤隆文[コンドウタカフミ]
1963年生まれ。一橋大学社会学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

"<格差社会,福祉の空洞化,市場原理主義への回帰というポスト・デモクラシー状況とは?その打開策は?>
今日、西欧ではポスト・デモクラシーと呼ぶ体制が進行し、民主主義が衰退に向かっている。労働組合が弱体化し、企業の利益代表と政府の相互交渉によって政治が形成されて、権力と富の再分配政策はとても望めそうにない。少数の政治エリートが大衆の要求の管理と操作法を習得し、選挙は見世物的なゲームと化した。また公共サービスのブランド化。しらけた大衆は社会的上昇のため教育に異常な関心を示している。
こうした状況に対して、著者は、人間が人間らしい生活をするために不可欠な公共的施策は必要であり、市民的権利がどれだけ守られるかが、その社会の品位を推し測る試金石になると述べている。
本書は富裕者優遇政策を生む構造的力を解明し、企業の政治支配防止、政党の再生、新たなアイデンティティ形成など、その打開策を探る。格差拡大に進む日本の政治状況にも大きな教訓となるヨーロッパ最新の思索。

山口二郎(北海道大学法学部教授)
―日本政治を読み解く上でも、本書は有益な視座を提供してくれる。とくに、新自由主義政策によって不利益をこうむるはずの弱者がなぜこれを支持するのかという大きな疑問が、本書のいくつかの概念を応用することによって解決されるように思う。 "