身体・歴史・人類学〈3〉批判的人類学のために

個数:
  • ポイントキャンペーン

身体・歴史・人類学〈3〉批判的人類学のために

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 520p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862090706
  • NDC分類 389.04
  • Cコード C3039

内容説明

マルセル・モースからレヴィ=ストロースにいたる人類学に、個体と集団の「幸福への思考」の大切な筋道をたどろうとしてきた著者の、早すぎる遺作となった第3論文集。

目次

序にかえて 不肖の隠し子からの手記―族的範疇の可能性
1 身体・歴史(指紋の社会思想史―ライプニッツからキパンデへ;犯罪者の顔写真と指紋―西欧における司法的同一性の形成;人類学の知と植民地支配の技術―一九世紀西欧から「満洲国」へ ほか)
2 歴史・人類学(パリ人類学会―帝政から共和制への変動の時代に問われた「人間」とは;マルセル・モース―快活な社会主義人類学者の肖像;モース人類学あるいは幸福への意志 ほか)
3 レヴィ・ストロースの方へ(世界はリズムに満ちている;もうひとつの豊かさの思考―レヴィ=ストロース生誕一〇〇年シンポジウムに向けて;エピグラフの楽しみ―『食卓作法の起源』を読みながら ほか)

著者等紹介

渡辺公三[ワタナベコウゾウ]
1949年、東京生まれ。東京大学大学院博士課程修了。国立音楽大学助教授、立命館大学文学部教授を経て、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授、立命館大学副学長、学校法人立命館副総長を歴任。博士(文学)。2017年12月16日逝去。専攻:文化人類学、人類学史、アフリカ研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

モースからレヴィ=ストロースにいたる人類学に、個体と集団の「幸福への思考」の大切な筋道をたどろうとしてきた著者の第?論文集。マルセル・モースからレヴィ=ストロースにいたる人類学に、個体と集団の「幸福への思考」の大切な筋道をたどろうとしてきた著者の、早すぎる遺作となった第?論文集。
序 不肖の隠し子からの手記―族的範疇の可能性
? 身体・歴史―国民国家と個体認証
? 歴史・人類学―マルセル・モースの「幸福への意志」をかんがえる
? レヴィ=ストロースの方へ―個体を超える「他者」と「他者の思考」にいかに相対するか

? 身体・歴史
 ?―1 指紋の社会思想史―ライプニッツからキパンデへ 
?―2 犯罪者の顔写真と指紋
 コラム◎所属・規律・身体 
?―3 人類学の知と植民地支配の技術―一九世紀西欧から「満洲国」へ
?―4 国民国家批判としての文明論
?―5 バントゥ・アフリカ
     1.バントゥ・アフリカの広がりと移動/2.バントゥ集団の多様化/3.大西洋岸諸社会の動態:コンゴ王国とその周辺/4.内陸サバンナの動態:クバ王国、ルバ‐ルンダ王国群/5.移動する社会――カメルーン、ガボンのファン系集団

? 歴史・人類学
 ?―1 パリ人類学会―帝政から共和制への変化のなかで問われた「人間」とは 
?―2 マルセル・モース―快活な社会主義人類学者の肖像
 ?―3 モース人類学あるいは幸福への意志
?―4 レヴィ=ストロースからマルセル・モースへ―自然・都市・協同組合
    
?―5 モースにおけるマナそしてあるいは循環する無意識―「モースの呪術論」への    素描
   
? レヴィ=ストロースの方へ
 ?―1 世界はリズムに満ちている
?―2 もうひとつの豊かさの思考―レヴィ=ストロース一〇〇年シンポジウムに向けて
?―3 エピグラフの楽しみ―『食卓作法の起源』を読みながら 
?―4 書評『ブラジルへの郷愁』 
?―5 知の巨星、レヴィ=ストロース
    1.はじめに――哲学とは異なった問いへ/2.体験から構造へ―『親族の基本構造』まで/3.神話論理への模索――『野生の思考』に向かって/4.結び――『神話論理』における世界との交歓
?―6 『神話論理』の反言語論的転回―一九五〇年代のレヴィ=ストロースの人類学的探究
1. はじめに/2.『親族の基本構造』と音韻論の直感/3.言語体系・親族体系・神話体系/4.プエブロの神話体系と神話の構造/5.『野生の思考』へ/6.おわりに――他者としての生物
?―7 冷戦期における構造の生成―レヴィ=ストロースの探究
 ?―8 『やきもち焼きの土器つくり』訳者あとがき 
 ?―9 『神話論理? 食卓作法の起源』訳者あとがき
 ?―10 『神話論理? 裸の人』訳者あとがき
 ?―11 『大山猫の物語』訳者あとがき
    コラム◎構造主義
    古典紹介◎『野生の思考』
渡辺公三・略年譜

渡辺公三[ワタナベコウゾウ]
著・文・その他

ナシ[ナシ]
著・文・その他

ナシ[ナシ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件