身体・歴史・人類学〈2〉西欧の眼

個数:
  • ポイントキャンペーン

身体・歴史・人類学〈2〉西欧の眼

  • 渡辺 公三【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 言叢社(2009/07発売)
  • ウェブストア夏のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 160pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月26日 09時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 412,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784862090300
  • NDC分類 389.04
  • Cコード C3039

内容説明

征服者コロンブスを糾弾し、告白を武器として戦ったラス・カサス。先住民の土地の自由な剥奪を賭けて戦われたアメリカ独立革命。植民者たちに抹殺されたコンゴ独立のリーダー、ルムンバ。人類学は「西欧の眼」のなかで育ちつつ、どれだけ西欧自身を対象化しえてきたのか。いかに人類学は、人間存在の“今”を照らし出す想像力を獲得しうるのか。人類学史への再検討から「現代世界」の人類学へ。

目次

1(ナショナリズム・マルチナショナル・マルチカルチュラリズム―多文化主義の歴史的文脈;ザイールの崩壊からコンゴ民主共和国へ―「国家建設」は追求されたのか;パトリス・ルムンバ―ひとりの「開化民」の生成と消失)
2(神判の解体―アフリカにおける妖術現象の歴史民族学への一視点;歴史人類学の課題―ヒストリアとアナール派のあいだに;構造と歴史―サーリンズの歴史は構造を超えたか)
3(両義的西欧と「近代」への問い―ルイ・デュモン『個人主義論考』の余白に;一九世紀のフランス市民社会と人類学の展開―共和主義と人種;個体の倒錯図法へのノート―A・ペルティヨンと人類学の世紀末;アメリカ人類学の発生現場を検証する―モーガンとインディアン「土地問題」へのメモ)
4(古代文学と人類学―テクストからフィールドへ;ディディエ・アンジュー紹介―『皮膚‐自我』解説;幻想と現実のはざまのインセスト・タブー―フロイトからレヴィ=ストロースへ;マルセル・モースにおける現実と超現実―シュールレアリズムへ向けた人類学からのいくつかの断片)