死後を生きる

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

死後を生きる

  • 松村 潔【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • アールズ出版(2010/12発売)
  • ウェブストア限定 全点ポイント5倍キャンペーン(6/24~6/28)※店舗受取はキャンペーン対象外※
  • ポイント 75pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年06月27日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 255p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784862041562
  • NDC分類 147
  • Cコード C0011

内容説明

死後の世界は本当にあるのか?死後の世界とは、どんな世界なのか?生きたまま死後の世界に行くことは可能なのか?死後も生きるために、現世で何をなすべきなのか?精神世界研究の第一人者が語る現世の終わりと来世のはじまり。

目次

第1章 死後の世界を信じる人は救われる?―科学の時代から非感覚的な時代へ(人の生存は時間の檻の中にある;死後がないと思う人は絶望に支配されている?;自殺する人は死後の世界がないと思っている? ほか)
第2章 死後の世界をのぞいてみよう―幽体離脱、ヘミシンクで見る死後の世界(心は脳の中にはない?;アリストテレスの時代は、人間は神や天使とつながっていた?;幽体離脱で見る死後の世界 ほか)
第3章 死後を生きるために―肉体依存から魂魄の意識状態へとシフトさせる(クラスターに回帰する;感覚的な生活と非感覚的な生活を送る;魂のクラスターに直結する ほか)

著者等紹介

松村潔[マツムラキヨシ]
1953年生まれ。10代の頃より西洋占星術や古代哲学(ヘレニズム思想)、西洋神秘学に興味を持ち研究を開始、数秘術、エニアグラム、タロット、カバラ、十牛図などにも造詣が深い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

1234

1
死後の意識を実存的に探求した本。江原啓之なんかに比べるととても難解だが死後の意識を信仰やイマジネーションのレベルではなくテクニカルに語っているところが味噌。 2011/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1237919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。