ブログの力―Blogの可能性に気づいたユーザーたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 179p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861670213
  • NDC分類 547.48
  • Cコード C3055

内容説明

ユーザーになって、続けてみてわかること、クリエイティブなブログの可能性を引き出すノウハウとは!ブログをうまく使っている人はどこが違うのか、その秘訣がわかる本。

目次

1章 ブログのイメージと現状(ブログとは?;普通のホームページとブログの違い;ブログのはじまりと経緯 ほか)
2章 情報を見るためのブログ(ブログの見方;いろいろなブログを見る ほか)
3章 発信するためのブログ(ブログをはじめるには;役に立つブログとは ほか)
理想的な道具として(ユーザーになってわかったこと;クリエイティブなブログの力)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

マッピー

2
10年前の本なので、まだまだブログは出始めです。 ブログのデザインも今ほど多くなく、有料のサーバをレンタルして、使い勝手の悪いシステムを改良して使っていました。 今ではブログというと日記が主流かと思いますが、本来ブログ(WEB LOG)はデータなわけですから、最初は自分ためのデータを蓄積して、データベースとしての利用が多かったようです。 また、時間がたつと、それはタイムカプセルにもなるわけです。 仕事のまとめとしてのデータが、新しい何かのきっかけにもなり得ます。 そんなことが書いてある本です。 2015/01/05

どぴゅどぴゅお

0
ブログの変遷について、参考になりました2009/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/277378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。