マックス・シェーラーの倫理思想―“倫理的人格の生成と存在”の視座から

個数:

マックス・シェーラーの倫理思想―“倫理的人格の生成と存在”の視座から

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月02日 18時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 356p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861633782
  • NDC分類 134.9
  • Cコード C3012

内容説明

人は、愛されて愛を知り、愛し返して初めて“人間”となる。愛とは、愛する相手の存在を無条件的全体的に肯定することであり、しかもこのような「愛と応答愛」の関係以外には“人間の尊厳”が輝き出るところはない、とシェーラーは説く。本書が論証するのは、この主張が、シェーラーが現代倫理学の根本問題として提起しながらも、答える前に急逝した以下の問い、つまりは、“歴史の広大な発達段階のうちに常に新たに入り込んでいく自己意識と自己価値意識の昂進は、一箇の人間が徐々に自己の真実の尊厳の意識に近づいていく歴史であるのか、あるいはたんに誇大妄想の歴史でしかないのか?”という問いへの彼の答えだということである。

目次

起点としての“尊厳死”の「尊厳」問題
「愛の秩序」としての「同情感情の基礎づけ法則」(その一)
「愛の秩序」としての「同情感情の基礎づけ法則」(その二)
「愛の秩序」としての「同情感情の基礎づけ法則」(その三)
“精神化した高次の自愛”としての「道徳的な自己愛」の主体
人間的「人格」の「生成と存在」の場としての「社会的統一態」
「欲得社会」での「最高の自己愛」としての「真正な自己愛」
「倫理的宇宙」としての「教会」の一員となる「真正な自己愛」の主体
シェーラーの描く「倫理的に価値ある人格」像とその破棄
シェーラーを導いていた“いま一つ”の「倫理的に価値ある人格」像
シェーラーの倫理思想の今日的な意義―結語に代えて

著者等紹介

岩谷信[イワヤマコト]
1942年秋田県に生まれる。1966年東北大学文学部卒業。1971年東北大学大学院文学研究科実践哲学専攻博士課程単位取得退学。東北大学文学部助手(宗教学・宗教史学講座)、八戸工業高等専門学校助教授、東北学院大学教養学部言語文化学科教授を経て、2010年に退職。現在は東北学院大学人間情報学研究所客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。