高等教育ライブラリ<br> 植民地時代の文化と教育―朝鮮・台湾と日本

個数:

高等教育ライブラリ
植民地時代の文化と教育―朝鮮・台湾と日本

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年01月25日 08時23分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 191p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861632211
  • NDC分類 372.21
  • Cコード C3037

内容説明

東アジアの近現代への深遠な理解を促す、教育史・植民地大学・比較文化からのアプローチ。アジアにおける過去の歴史的経験をみつめ、新たな関係構築の基礎となることを目指した、日本・韓国・台湾の8人の研究者による意欲的なセミナー・シンポジウムの成果。

目次

文化と植民地時代―中韓日の閑適詩の系譜における金素雲訳詩「南に窓を」の意義
第1部 朝鮮・台湾の文化・教育と日本(旧韓国~朝鮮の「内地人」教育;日韓の近代劇における演劇論の影響―小山内薫と柳致鎭の演劇論を中心に;植民地時代の文学を振り返る意義とその方法―台湾の例から;コメント―「思想史」の水路をつけ替えるために)
第2部 朝鮮・台湾の植民地大学(台北帝国大学と熱帯研究;京城帝大の内と外―韓国学術史の再認識;東アジア的な視点から見た「外地」と「地方」の帝国大学教育―国際シンポジウム「朝鮮と台湾における植民地大学」コメント)