今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言〈3〉法と経済

個数:

今を生きる―東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言〈3〉法と経済

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 351p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861632037
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C1300

内容説明

大震災が残したつめ跡は宮城、福島をはじめ多くの各地域にまだまだ多く残存しており、復興が手つかずの地域も多いことを私たちは認識している。その一方で、着実に復興に向けた一歩を踏み出さなければならないこともまた被災地の人々と私たちに突きつけられた現実である。本書はその一歩を踏み出すために、アカデミアの世界から何ができるのか、法の整備と経済の連帯、連携によって何ができるのかを意識して編集したものである。

目次

第1部 法と政治編(復興と憲法;「復興」論について考える;公共政策大学院における災害法制の研究と復旧・復興への提言;福島原発事故と原子力損害の填補;震災後の政治学的・政治理論的課題―「不確実・不均衡なリスク」のなかの意思決定・連帯・共存の技法)
第2部 経済・経営編(会計プロフェッションの立場から;産業への支援;一人の人間としてなすべきこと)