アリアンローズ<br> 乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。〈1〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。〈1〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 284p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861349980
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。家柄容姿は最高なのに性格最悪、乙女ゲームのヒロインがハッピーエンドでもバッドエンドでも破滅まっしぐら、な悪役令嬢「マリアベル・テンペスト」になっていた主人公。しかも何故だが意志は有るのに行動出来ない、完全オートモード。五周に渡る悪役令嬢としての破滅エンドに諦めきって始まる六周目は、なぜだかオートモードが切れていた!?破滅の元となる超ハイスペックな攻略対象たちとのフラグを回避し、平穏な生活を手に入れるため、マリアベルの奮闘が始まる!前世の記憶と五周に渡るオートモードでの経験を活かして奮闘する、乙女ゲーム転生ファンタジー。書き下ろし番外編も加えて待望の書籍化!

著者等紹介

空谷玲奈[ソラタニレイナ]
『乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。』でMFブックス&アリアンローズ新人賞アリアンローズ部門第2期の佳作を受賞し、2017年5月出版デビュー。三重県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ダージリン

29
突然、悪役令嬢の中の人になってしまったけれど、自分では動かせないままにバッドエンドを5回体験したヒロイン。6周目でやっと自分のものとして生きられるようになり、家庭環境を整えたり、破滅回避にがんばるお話。コメディでほっとしている私。幼なじみのケイトが良い(笑)。2019/04/11

葉月たまの

6
わたしの大好きな悪役令嬢もの。この物語も面白かった! わたしの中でケイトくん、すごい好きで一押しでラストはマリアさんケイトくんと結ばれて欲しいなと思った。だから1巻ラストのケイトくんの展開は思わずわたし大喝采だった! 続きも楽しみで長続きしてほしいシリーズかな♪。2017/05/23

あき☆ブラック・ベア

5
タイトルから、オートモードが切れるまでがつらそうだと思いながら読み始めたらそこの下りはサラッとしていてほぼ六周目から始まったようなものだった。愚痴を聞いてもらえる気安い相手がいるからか主人公の精神が安定していてあまり切実さや不安感はない。あと運命を変えてやるっていう気負いも薄い。オートモード経験のせいなのか本人の性格なのか、なんとかしたいけど駄目なら別の手段を探そう、くらいのゆるさを感じる。面白かった。2024/03/08

ちかぞお

5
【ウェブ版未読】悪役令嬢転生モノ。タイトルとあらすじが意味不明だったんだけど、読むと、そーゆーことねーってなる。自分にとってのバッドエンド5周を経験って、辛いわー。大体の流れはこの手のテンプレ(ヒロインがフラグ回避に奔走したりしなかったりするうちに、何故か攻略対象男子達と仲良くなってる)だけど、ヒロインに好感持てるし、天敵(ツバル)や幼馴染の存在もあって、これからどうなるのか、気になります。2017/11/18

kuro neko

3
絵柄、ヒロインがイケメンすぎて苦手。話は面白かったが、まだまだ始まったばかりで進展はしていない。個人的に1巻が一番面白かった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11722014
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。