アリアンローズ<br> ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです〈3〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 16時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861347986
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「リコリスりょーちょー!すっごい魔法の本手に入れた!一緒に行こ!冒険しに!」訪れた平和を文字通り謳歌していた私―リコリスのもとに、トラブルメーカー・アルトが一冊の本を携えやってきた。聞けばこれは、勇者となってお姫様を救う…いわゆるロールプレイングゲームを体験できる魔法書なのだという。なにそれ面白そう!好奇心に負けた私は、恋仲(!)のヴォルフ、義弟シェイド、晴れて友人となったリリィ、ウィオラ、そして本の持ち主であるアルトとともに、魔法書『青い箱庭』の世界に飛び込んだのだけど―!?大好評、ヤンデレ系乙女ゲー・ラブミステリー第三巻が全編書き下ろしで堂々登場!

著者等紹介

花木もみじ[ハナキモミジ]
2013年6月頃から、ネット初連載となる『ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです』の執筆を開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

陸抗

21
アルトが持ってきた、本の中に入ってRPGのキャラになって楽しむ話。振り分けられた配役をあえて変えてしまい、自由に行動する面々は流石だわ。そして、本に隠された本来の目的が、作り手のヤンデレぷりを現してるなぁ。番外編のリコリスとヴォルフを見守る会の人達も楽しかった。2019/09/24

カッパ

9
再読だったようです。皆の愛が重い2019/05/16

葉月たまの

8
ラブラブ度、少なかった><。ちょっと微妙だったかなあ。でも、好きなシリーズだから、4巻も出て欲しい! 続き、期待してる~♪。2015/09/08

dorimusi

7
全編番外編って感じですが、本編は、アルトが持ってきた本の中に入ってRPGのキャラになって冒険?する話し。 意外といい話しで終わるのかと思ったらタイトル回収しててなるほどと思った。 番外編が良いというか番外編の裏話しの方がよかった。リコリスとヴォルフを見守る会の人達が良い人たちすぎるなと。2023/03/06

いかこ

7
リコリス様は相変わらずの人タラシぶりw ヴォルフガング様は苦労しますねドゥフフwwwwwwwwww しかしノヴァはともかく「青い箱庭」はあかん…とりあえずまぁ終わり良ければ全て良し!とする。 番外編の4人組がかわいらしくてツボでした。2015/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9761931
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。