マッグガーデンコミックスBeat’sシリーズ<br> 魔探偵ロキRAGNAROK~新世界の神々~ 〈1〉

個数:
電子版価格
¥605
  • 電書あり

マッグガーデンコミックスBeat’sシリーズ
魔探偵ロキRAGNAROK~新世界の神々~ 〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 03時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ コミック判/ページ数 172p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861279997
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C9979

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

日奈月 侑子

14
個人的にモージは好きだったりするのですが、新世界の神々組が何か底知れなさを覚えます。 やっぱりロキは大きい時より子供の姿の時の方が見てて落ち着くかも知れない。色々とふわふわしたままで話が進展していき、玲也ちゃんまで再登場したり…玲也ちゃんと新世界の神々組の関係図とか、ヴァルキリーとの関係とか…まだまだ謎が多い感じです。 あと、鳴神君とロキが組んでるのを見るのはやっぱり嬉しいですね。闇乃君やフェンリルも元に戻ったことだし…これからぼちぼちフレイとか旧神々組も活躍してくれたら嬉しいなあ…と思いつつ。2013/07/21

鳴神なる

4
まさか魔探偵ロキが再連載するとは思わなかった! しかも、鳴神くんに息子が2人も居たとは意外でビックリ!! 今回の話はロキ&鳴神くんvs鳴神くんの息子&オーディン&ラスボスになるのかな? 2巻も気になります。懐かしいと思うと同時にイラストが崩壊してたのがショックでした。2012/09/23

すぴか

4
また帰ってくるとは思わなかった。一度完結しているからかな?何と言うか、無理矢理感は否めないような…。絵柄も丁寧さが落ちてしまった気がして残念な部分が多いかも2012/08/27

すあま

4
下校してすぐゲット!小三の私をこちらに引きずりこんだ元凶ロキ。以来9年追っかけです。フレイヤがかなり変わってますね。外見が。最近の木下さくらさんはシリアス場面でもギャグ系の絵だったりとちょっと残念でしたが、ロキで気合いをいれたのか絵は綺麗でした。相変わらずのテンポ感。嬉しいなあ。お帰りなさい!2巻がたのしみです2012/05/14

袖崎いたる

3
折角前作のラストで大人ロキになったのに、今作冒頭で再びちびっ子ロキになってしまった。作品成立の条件として、万能の大人より制約のある子供の方が主人公に困難を設定しやすいということなのだろうか。とはいっても神格もあっさり再付与され、前作のラグナロクでなにもかも失ってヒロインとまっさらな新しい関係を築いていくのかと思いきや、それも前作までの『魔探偵ロキ』シリーズに後戻り。つまり巻き戻しをくらったような感じ。それで今作はいったい何を伝えるために立ち上げたのかはまだわからない。相変わらずシリアスにはなりきらないし。2015/07/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4780168
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。