食べる野草と薬草

個数:

食べる野草と薬草

  • 在庫が僅少です。通常、1週間程度で出荷されます
    (※出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます)
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、1週間程度で出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 137p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784861243271
  • NDC分類 657.86
  • Cコード C0645

内容説明

身近な植物が、食べものにも薬にも!ナズナ、スミレ、ハマエンドウなど、おいしく食べられる植物。そして薬にもなる植物。その生育地、食べ方、味、効能などを詳しく紹介。大好評『野草を食べる』姉妹本。野草86種、薬草30種。

目次

食べられる植物(シダ植物;主に早春から初夏に、葉や茎や花を食べる植物;主に秋以降に、果実や種子を食べる植物)
民間薬として利用されてきた植物(葉をあぶったり焼酎に漬けたりして、患部につける;主に健康茶として飲む)

著者等紹介

川原勝征[カワハラカツユキ]
1944年鹿児島県姶良市加治木町に生まれる。1967年鹿児島大学教育学部卒業(以降、2005年3月まで県内公立中学校7校に勤務)。2005年定年退職。以後、鹿児島大学教育学部・理学部非常勤講師(2007~2014年度)、理科支援員(鹿児島県日置市 2008~2014年度)。(所属)日本シダの会・NPO法人『うるし里山ミュージアム』・鹿児島植物同好会、日本自然保護協会「モニタリングサイト1000里地調査」調査員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。