東アジアの弾圧・抑圧を考える―19世紀から現代まで日本・中国・台湾

個数:
  • ポイントキャンペーン

東アジアの弾圧・抑圧を考える―19世紀から現代まで日本・中国・台湾

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年04月05日 07時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 512p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861106699
  • NDC分類 210.58
  • Cコード C0020

内容説明

権力者はその秩序を維持せんとするとき、いかなる方途で異端者を弾圧・抑圧するのか。弾圧・抑圧される者は、いかに耐え、抗うのか。言論取り締まり、追放、補縛、暗殺など、権力闘争の渦中に生きた人々の営為を明らかにする挑戦的論集。「蛮社の獄」から台湾民主化まで。

目次

第1部 幕末維新期の日本(小関三英と蛮社の獄―学問観と政治意識の変容過程から;「蛮社の獄」による弾圧の影響―高野長英と宇和島藩の海防政策について;文久~慶応期における土佐勤王党への弾圧とその壊滅―幕末維新期における「国事周旋」の一側面;江戸末期の暗殺と明治の弾圧の言説析―「国体」「売国」「国賊」「大逆」)
第2部 近現代の日本(明治期の「共和」言説と言論弾圧―「五箇条の誓文」から「共和演説」まで;国家による私学抑圧 明治三五年哲学館事件の深層―新潟県の名望家高橋九郎宛て政界実力者石黒忠悳の書簡から;明治三五年の教科書疑獄事件と中国渡航日本人教育者の動向―永江正直をたどって;「蝦夷共和国」説の形成と展開―近現代における「俗説」形成史の一例として)
第3部 近現代中国と台湾・少数民族(一八世紀~一九世紀中国絵画にみる権力の象徴―西洋的な視座から;清朝における言論統制と弾圧―『三言二拍』の展開を中心に;文字改革運動の背景にみる章炳麟と弾圧―台湾亡命と「駁中國用萬國新語説」;重層植民としての台湾―二・二八事件と台湾の民主化運動と多言語主義;中国における少数民族への言語政策―保護なのか弾圧なのか;外省人が来た道―眷村から見た台湾現代史)