フィリップ・ラーキン―愛と詩の生涯

個数:

フィリップ・ラーキン―愛と詩の生涯

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月23日 14時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784861104770
  • NDC分類 931
  • Cコード C0098

内容説明

「英国の最も偉大な戦後の詩人」(『タイムズ』)の想像力の源泉は何だったのか?2010年に公刊された『モニカへの書簡集』も参照しつつ、女性関係、ピーターラビットへの執着、W.B.イェイツからの影響など、これまでにない視点から詩人ラーキンの姿を明らかにする。

目次

1(人生と自己愛;交際と社会、批評と詩との関わり;結婚と妻)
2(『北航船』に見られるW・B・イェイツの影響;詩人と亡霊との関わり;「気高い生者」と「気高い死者」)
3(ラーキン没後のイギリス演劇界に見られる関心と評価;悲しい家とモニカ・ジョーンズ)
4(ナーサリーライムとの関わり;モニカ・ジョーンズへの手紙に見られるピーターラビットへの愛着;「おとぎ話」と「もしも彼女が」に見られるナーサリーライムの要素)

著者等紹介

高野正夫[タカノマサオ]
1946年東京生まれ。1977年駒澤大学大学院博士課程満期修了。1988~90年、ケンブリッジ大学(ヒューズ・ホール)留学。専攻・英文学。現在、駒澤大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。