名誉革命とイギリス文学―新しい言説空間の誕生

個数:

名誉革命とイギリス文学―新しい言説空間の誕生

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月11日 23時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 376,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784861104121
  • NDC分類 930.25
  • Cコード C0098

内容説明

従来の英文学研究で取り上げられることが少なかった一七世紀末から一八世紀初めにかけての時代に焦点を当て、文学と政治の両面からアプローチ。詩、劇、政治論説、小説など種々雑多なテクストを読み解くことで、当時の社会像を明らかにする画期的論集!

目次

序章 「石炭あんか事件」―文学の政治性、政治の文学性
第1章 名誉革命史と「言説空間」の位置―政治、文学、公共圏
第2章 柔和なアングリカンと名誉革命―アイザック・ウォルトンの包括的思想を基点として
第3章 「革命がおきたらおしまいだ」―マーヴェル、ミルトン、ドライデンが歌う武力と抵抗のイギリス十七世紀
第4章 舞台の上の名誉革命―トマス・シャドウェル再考
第5章 マシュー・プライアー造反の理―詩人外交官の相対的世界
第6章 日和見主義の政治言説とそのレトリックを探る―ハリファックス、ハーリー、スウィフトと混合政体論
第7章 名誉革命とフィクションの言説空間―デフォー作品における神意の事後性

著者等紹介

冨樫剛[トガシゴウ]
フェリス女学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。