エスノメソドロジーの可能性―社会学者の足跡をたどる

エスノメソドロジーの可能性―社会学者の足跡をたどる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 367p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784861101090
  • NDC分類 361.16
  • Cコード C0036

内容説明

ガーフィンケルによって提唱された社会学の研究法“エスノメソドロジー”。ミード、ジンメル、ゴフマンらの足跡をたどりつつ、その可能性をさぐる。

目次

第1部 「知識」観をめぐって(科学の社会学研究;科学への社会学アプローチとエスノメソドロジー研究;科学的ワークの研究;エスノメソドロジーの科学研究)
第2部 相互行為秩序はいかにして可能か(社会学の根本問題;ミードの社会心理学;ジンメルの形式社会学;ゴフマンの相互行為秩序論;シクレルのエスノメソドロジー再読;現象学的社会学とエスノメソドロジー;エスノメソドロジー研究の方針と方法)
第3部 エスノメソドロジー研究入門(「遺伝子改造社会の論理と倫理」の概念分析;統計学入門のエスノメソドロジー研究入門;科学的ワークのエスノメソドロジー研究入門;会話分析とエスノメソドロジー研究のために)

著者等紹介

椎野信雄[シイノノブオ]
1953年東京都生まれ。1976年一橋大学社会学部卒業。1978年東京大学大学院社会学研究科修士課程修了。1986年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。その間1983年からニューヨーク州立大学(オールバニ校)大学院博士課程(社会学)にも在籍し、4年間TAを経験。1988年東京都立大学人文学部社会学助手。1996年文教大学国際学部助教授。2001年文教大学国際学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。