Woodcity―都市の木造木質化でつくる持続可能な社会

個数:

Woodcity―都市の木造木質化でつくる持続可能な社会

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月15日 16時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 168p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784860994198
  • NDC分類 524.5
  • Cコード C3052

内容説明

木造建築、都市の脱炭素化、気候変動、森林資源…なぜいま「Woodcity木造都市」か?世界規模で木造化が推し進められる理由とは。

目次

第1章 Woodcity構想(Woodcityのモデルケースと面的エリア設定;Woodcityのコンセプト;仮想建築群のCGイメージ;Woodcityの仮想的建物規模と構造)
第2章 なぜWoodcityなのか(都市部で木造建築が増加しつつある背景;持続可能な社会に向けて;非住宅木造建築の木材使用量と炭素貯蔵効果)
第3章 Woodcityの実現に向けて(木材供給の現状;サプライチェーンでの木質バイオマス利用の最適化;大径材の扱い;木材利用とカーボンニュートラル;材料情報の共有、人材育成と意識改革)
第4章 Woodcityのストーリー(北欧・カナダの脱炭素都市;建築構造用木材・木質材料の再利用に向けた設計―CLTの取り組みと厚板耐力壁;都道府県の木材自給率と木材利用に関する制度・現状;森林分野におけるカーボン・クレジットと森林投資;持続性評価;木質バイオマスの化学利用;Woodcityと森への意識)
第5章 Woodcityが目指す社会像(座談会)(木のイノベーションで森とまちのみらいをつくる;ヨーロッパに学ぶまちづくり ほか)