直観と論理―未来をひらく思考法

個数:

直観と論理―未来をひらく思考法

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月20日 11時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 170p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860993580
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0010

目次

1章 論理的思考法(思考は鍛えることができる;こころの働き ほか)
2章 直観的思考法(直観的思考法の開発;創造的な着想を生み出す回路、直観的発想 ほか)
3章 着想を論理につなぐ思考法とイノベーション(論理がひらめきを補完する;着想が論理を補完する ほか)
4章 これからの教育―リーダー人材の育成に向けて(変革の渦中にある現代社会;高等教育も変わりつつある ほか)
附章 禅的発想の活用(禅の発想法;禅的発想の科学的解明の試み ほか)

著者等紹介

川井秀一[カワイシュウイチ]
1948年京都府生。森林学、木材学が専門。京都大学副理事・副学長、同生存圏研究所長、同大学院総合生存学館(思修館)初代学館長を務める。思修館では総合科学と国際的なリーダー人材の育成に努める。この間、国際木材科学アカデミーフェロー、日本木材学会会長、日本材料学会副会長、第22/23期日本学術会議会員等を歴任。京都大学名誉教授。第82回日本農学賞、第49回読売農学賞を受賞。専門分野の木材学、木質材料学に関する編著書多数

塩田洋三[シオタヨウゾウ]
1941年京都府生。環境計画学、地域計画学、住居学が専門。元島根女子短期大学教授。特に島根県の民家の調査、平面構成や部材の調査および住まい方調査をとおして日本型住宅のありかたを研究してきた。日本建築学会常議委員、松江市都市ビジョン検討委員会委員長、NPO法人しまね住まいづくり研究会理事長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もなこ

0
論理的思考は顕在意識と知識から成り立つ。一方、直観的思考は潜在意識と経験による。課題は自分が死ぬほど解決したいと思うものに設定しなければ、解決はしない。2020/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16556129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。