自然と人を尊重する自然史のすすめ―北東北に分布する群落からのチャレンジ

個数:

自然と人を尊重する自然史のすすめ―北東北に分布する群落からのチャレンジ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月21日 07時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5変判/ページ数 170p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784860993412
  • NDC分類 472.12
  • Cコード C3061

目次

1 秋田の植生研究小史
2 植物社会学の現状と地方研究者にとっての意義
3 群落分布のバックグラウンド
4 群落の自律的秩序と分布パターン
5 ネットワークとして存在する群団
6 現在の亜高山帯は、どのようなプロセスで形成されたのであろうか
7 秋田の森林植生の特徴は、ブナとスギにある
8 歴史的に大きく変貌を遂げた秋田の植生景観

著者等紹介

越前谷康[エチゼンヤヤスシ]
1939年秋田市に生まれる。1962年岩手大学農学部林学科卒、同年秋田県農林部。2000年秋田県林務部退職後、東北植生研究会主宰。専門は植生学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「植物がどのように進化し、群落を造り今日に至ったのか」をテーマとし、自らの調査を基に秋田?東北の植生体系をまとめあげた。著者が生涯をかけた自然調査を基に「植物がどう進化し、群落を造り今日に至ったのか」をテーマに、秋田?東北の植生体系をまとめた。将来世代の人々に自然史研究を通し「自然とともに生きる方向性」を提案する。

1 秋田の植生研究小史
2 植物社会学の現状と地方研究者にとっての意義
3 群落分布のバックグラウンド
4 群落の自律的秩序と分布パターン
5 ネットワークとして存在する群団
6  現在の亜高山帯は、どのようなプロセスで形成されたのであろうか
7 秋田の森林植生の特徴は、ブナとスギにある
8 歴史的に大きく変貌を遂げた秋田の植生景観

Appendices ― CD-ROM
? これからはじめる研究者のための植生調査法(MS-Word 形式)
? 秋田の植生関連引用・参考文献目録(MS-Excel 形式)
? 氷期のレガシー種の分布(MS-Word 形式)
? 統合群団常在度表 (MS-Excel 形式)
? 群団連関表(MS-Excel 形式)
? 二次林総合常在度表(MS-Excel 形式)
? 秋田の植生体系 暫定(MS-Excel 形式)

越前谷 康[エチゼンヤ ヤスシ]
著・文・その他