木竹酢液ハンドブック―特性と利用の科学

個数:

木竹酢液ハンドブック―特性と利用の科学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 21時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 180p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860992842
  • NDC分類 658.2
  • Cコード C3561

目次

1 採取・精製法と構成成分
2 抗菌・抗ウィルス作用
3 不朽菌やキノコに対する作用
4 植物の成長に影響を及ぼす木酢液
5 土壌環境改善に役立つ木酢液
6 昆虫、動物に対する作用
7 家畜飼料添加剤としての木酢液
8 食品病原菌に対する作用
9 消臭作用
10 木酢液の安全性
11 木竹酢液の規格と認証制度

著者等紹介

谷田貝光克[ヤタガイミツヨシ]
東京大学名誉教授、秋田県立大学名誉教授。香りの図書館館長、(NPO)農学生命科学研究支援機構理事長、日本木酢液協会会長、炭やきの会会長。1966年東北大学理学部化学科卒、1971年同理学研究科博士課程修了(理学博士)。米国バージニア州立大学化学科博士研究員(1972)、メイン州立大学化学科博士研究員(1974)、農林省林業試験場林産化学部研究員(1976)、炭化研究室長(1985)。農水省森林総合研究所生物機能開発部生物活性物質研究室長(1988)、森林化学科長(1992)を経て、東京大学大学院農学生命科学研究科教授(1999)。秋田県立大学木材高度加工研究所教授(2006)、同研究所所長・教授(2007)。2011より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。