任侠・盃事のすべて〈下〉手打和合盃・隠退襲名盃

個数:

任侠・盃事のすべて〈下〉手打和合盃・隠退襲名盃

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年08月18日 23時45分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 264p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860860196
  • NDC分類 368.5
  • Cコード C0039

内容説明

任侠界に脈々と伝わる盃事秘儀にともなう設定・作法・動作・口上など神事の一部始終を任侠劇画の第一人者が心血を注いで描き上げた畢生の大作。神道理解に最良のテキスト。隠れた日本文化の一面を掘り起こした画期的試み。

目次

「手打和合盃」の巻(手打和合盃の準備段階;式場設営;主要人物の設定と書き上げ;式事執行;実践用口上文例)
「隠退襲名盃」の巻(隠退襲名盃の準備段階;式場設営・祭壇の飾りつけ;主要人物の設定と書き上げ;式事執行;実践用口上文例)

著者紹介

村上和彦[ムラカミカズヒコ]
昭和19年、愛媛県西条市に生まれる。独学で劇画を学び昭和45年にデビュー。任侠劇画の第一人者となる。平成6年より映像の世界に原作者・プロデューサーとして参入し、平成16年5月撮了の『修羅の門』をもって10年で映像化100本の金字塔を築く。任侠界との交遊も広く、盃事の儀式にも精通、氏に指導を仰ぐ関係者も多い