物質の究極像をめざして―素粒子論とその歴史

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

物質の究極像をめざして―素粒子論とその歴史

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月19日 03時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 275p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784860646295
  • NDC分類 429.6
  • Cコード C0042

出版社内容情報

「物質は原子からできている。」20世紀に活躍した偉大な物理学者の一人であり、その魅力的な人格やエッセイでも知られている、リチャード・ファインマンの言葉です。“文明の滅亡が避けられなくなり、また蘇るかもしれない人類に一言だけ遺言をのこすとしたら”という問いに対する答えでした。古代より人類は、自身の肉体も含め、目の前にある、もしくは夜空の彼方にある物質の、究極像を追い求めてきました。本書はニュートンから始まり20世紀の素粒子物理学の発展を追いつつ、その基本的なことを数式をほとんど使わずに解説する入門書です。

内容説明

数式は極力避けながらも理屈を並べることは避けていない入門書。ニュートン力学から始まり20世紀の素粒子物理学の発展を追いつつ、その基本的なことを解説。

目次

原子から素粒子へ
近代科学の確立1 ニュートンと万有引力
近代科学の確立2 元素と原子/熱とは何?
光の歴史1 光は波
光の歴史2 光は粒子
新しい物理学 量子力学
粒子の生成と消滅/質量エネルギー
素粒子物理学の誕生 湯川の中間子論
弱い相互作用
核子からクォークへ
量子色力学
新粒子の発見
電弱統一理論
世代間混合/ニュートリノ振動
今後の展望
2つの相対性理論
宇宙の物資史 膨張宇宙と元素合成

著者等紹介

和田純夫[ワダスミオ]
成蹊大学非常勤講師、元・東京大学大学院総合文化研究科専任講師。理学博士。1949年、千葉県生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。専門は理論物理。研究テーマは、素粒子物理学、宇宙論、量子論(多世界解釈)、科学論など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。