河出文庫<br> 秘版・続腕くらべ―性の秘本コレクション〈10〉

河出文庫
秘版・続腕くらべ―性の秘本コレクション〈10〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 226p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309473666
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0190

内容説明

美男役者に入れあげて首がまわらなくなった芸者駒代がとった客は、海坊主の異名をとる精力絶倫男。漁色と荒淫で名を売る海坊主に駒代の女体は意のままに弄ばれる。三所攻めに五体は痺れ、手も足も抜け落ちそうで、よがり声さえしぼりだせずに息も絶え絶え…。芸者駒代を主人公に大正時代の花柳界を描いた永井荷風の名作「腕くらべ」の後日譚を綴った傑作秘本。作者不詳。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

勉誠出版営業部

0
城市郎氏監修による『秘版・続腕くらべ』を読了。永井荷風の『腕くらべ』の続編として書かれたもので、作者は不詳。今でいうところのオマージュ作品の一種かと。今読んでもあけすけな描写が続くので、刊行された当初はかなりのものだったかと(読むことのできた人は少ないでしょうが・・・)。尚、永井荷風作とされる『四畳半襖の下張』も併録。2013/01/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1151563
  • ご注意事項