地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題

個数:

地球温暖化で雪は減るのか増えるのか問題

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2020年01月23日 14時55分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860646035
  • NDC分類 451.66
  • Cコード C0044

内容説明

温暖化で日本の雪が変わる!?雪の「いま」と「未来」に迫る!

目次

1 日本の雪のいま(そもそも気温が低くなるのはなぜ?;日本海側に降る雪 ほか)
2 雪を知るには観測が必要だ―雪の観測の現状(雪の結晶―天からの手紙;雪に似たもの―あられとひょう、凍雨と雨氷 ほか)
3 異常気象と地球温暖化が雪の降り方を変える(異常気象とは;地球温暖化のいろは ほか)
4 地球温暖化と雪の未来(将来、雪は増えるのか?減るのか?;21世紀末の冬の天気予報 ほか)

著者等紹介

川瀬宏明[カワセヒロアキ]
1980年生まれ。気象庁気象研究所応用気象研究部主任研究官。博士(理学)。気象予報士。専門は気象学、気候学、雪氷学。2019年度日本雪氷学会平田賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本には、日本海側を中心に、豪雪地帯と呼ばれる地域がたくさんあります。スキーやスノーボードで雪を楽しむ人もいれば、雪かきや雪下ろしに苦労する人、雪や雪解け水を農業などに利用する人もいます。そんな身近な雪の「これから」に大きく関わる存在なのが、地球温暖化です。
気温が上がると、降雪は減ってしまうのでしょうか? どうやら、そんな単純なことではないようなのです。
日本でただ一人、雪と地球温暖化を専門に研究する著者が、雪と地球温暖化の関係に迫ります!