「不思議な会社」に不思議なんてない

個数:

「不思議な会社」に不思議なんてない

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2018年04月23日 05時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860638887
  • NDC分類 528.067
  • Cコード C2034

内容説明

「おたすけ隊」「サットくん」「おたすけnet」「ビッグ・ブラザー制度」…フランチャイズで業界革新!不況業種のローカル企業が、建設業をサービス業に変えて急成長!

目次

第1章 期待を超える感動を!(小口工事の七割が五万円以下。「おたすけ隊」で年間七〇億円!;設備工事屋ではない。我々は顧客に快適な環境を提供するサービス業。 ほか)
第2章 「お客さまを感動させる」社員を育てる(仕組みがあっても文化がなければ成功しない。;「ヒットをたくさん打つ人間を育てる」監督をつくる。 ほか)
第3章 変化に即応した会社だけが生き残る(電気は嫌いだった。それなのに電気工事会社に就職したわけ。;その結果、五年間、平社員。今に見ていろ。三〇歳で追いついた。 ほか)
第4章 やはり一番大切なのは「社員」(顧客第一主義だけど社員が一番、お客さまは三番。;雇用創出が地域貢献に。持ち株会は社員のためにある。 ほか)
第5章 島根から全国に元気を!(自信をもって息子に事業を継がせてほしい。;腐った肉を食べていては、いつまでたっても魅力ある業界にならない。 ほか)

著者等紹介

荒木恭司[アラキキョウジ]
島根電工株式会社代表取締役社長。1949年島根県生まれ。1972年島根電工株式会社入社。米子営業所営業課長、出雲営業所所長を経て1996年常務取締役。専務取締役、副社長を経て、2012年代表取締役社長に就任。島根電工株式会社を中心として、いずれも同社100%出資のシンセイ技研株式会社、岡田電工株式会社、協和通信工業株式会社から構成される島根電工グループのトップも務める。島根県立大学理事、一般社団法人日本電設工業協会理事、一般社団法人島根県電業協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

島根電工は電設工事業という斜陽産業を生業としているにも関わらず、不況知らずの会社である。同社の成長の秘密にせまる。