デキる上司は定時に帰る

個数:
  • ポイントキャンペーン

デキる上司は定時に帰る

  • 小松 俊明【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • あさ出版(2006/07発売)
  • 【ウェブストア】お届け商品全点 ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 26pt
  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784860631598
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C2034

内容説明

本書で提案している理想の上司とは、タイトルに象徴されるように、基本的に合理的な発想の持ち主です。朝令暮改を恐れず、優先順位が高いものから手をつけていくタイプです。あなたはそんな上司像に共感しますか。それとも、やはり上司は「鬼軍曹」のようでなければ納得しませんか。これぞ新時代の上司戦略。

目次

第1章 デキる上司のイマドキ事情(「デキる上司」ってどんな上司だろう?;アメリカに見る上司・部下関係;もう旧タイプの上司ではやっていけない現実;上司のあり方を図で考える)
第2章 上司が必ずクリアしたい8条件(条件(1)具体的な指示を出しているか?
条件(2)仕事の背景を詳しく説明しているか? ほか)
第3章 デキる上司の部下戦略―上司はタグボートであれ(デキる上司は部下とどう向き合うか?;評価基準をどう設定するか;上司としてやるべき四つのこと;上司としてやってはいけない四つのこと;ダメな部下のパフォーマンス向上術)
第4章 デキる上司のチーム戦略―上司は名監督であれ(なぜチーム力が必要なのか?;チーム力を上げるために必要なこと ほか)
第5章 デキる上司の社内・取引先戦略―上司は優れた翻訳者であれ(会社と部下の橋渡しをするために必要なこと;会社に対するアピール・テクニック;デキる上司が実践する取引先のコミュニケーション術)

著者等紹介

小松俊明[コマツトシアキ]
67年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、住友商事に入社し、米国向け貿易業務に従事。その後、アジアで管理職研修会社を起業。現在は、大手外資系ヘッドハンティング会社の幹部として国内外に広い人脈を持つ。また、「カリスマヘッドハンター」として、雑誌、講演などでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。