空から 書と遊び、書に笑う―金澤翔子作品集

個数:

空から 書と遊び、書に笑う―金澤翔子作品集

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月20日 01時21分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 110p/高さ 22X27cm
  • 商品コード 9784860294083
  • NDC分類 728.216
  • Cコード C0071

内容説明

その無心さが、感動の書を生み出す!東大寺や国体総合開会式で、席上揮毫。建仁寺、建長寺、中尊寺などで作品展を開催。50作品が見やすい!!特別製本。

目次

第1章 希望光(希望光;我 ほか)
第2章 神(神;寒山詩 ほか)
第3章 無限(無限;不動心 ほか)
第4章 心に光を(すべてを超越して生きる;不思議の国の翔子;忘れない・東北 ほか)

著者等紹介

金澤翔子[カナザワショウコ]
1985年、東京生まれ。ダウン症と診断される。5歳で母に師事し書道を始める。10歳のとき、「般若心経」を書く。2005年、銀座画廊で「翔子、その書の世界」を開催。帝国ホテルにて初の席上揮毫。その後、建長寺(鎌倉)、建仁寺(京都)、東大寺(奈良)などで個展を開催。2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」の題字を担当

金澤泰子[カナザワヤスコ]
1962年、明治大学入学。書道「学書院」の柳田泰雲に師事。1990年、東京・大田区に「久が原書道教室」を開設。東京芸術大学評議員。1998年、書道「泰書會」に入会、柳田泰山に師事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小さな体で25キロの大筆を自在に操る、ダウン症の天才書家、金澤翔子。秋の国体開会式など全国で活動を続ける著者の最新作品集。