北東日本の地域経済

個数:

北東日本の地域経済

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月26日 04時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 341p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784860140595
  • NDC分類 332.11
  • Cコード C3030

目次

第1部 序論(北東日本―その地域構造論的定位)
第2部 北海道(北海道型産業・ビジネスモデルの構築にむけて;北海道空知地域における旧産炭地の振興;石狩湾荒巻地域の企業立地の特色;北海道における非中核地帯農業の現局面と構造問題;北海道の衛星都市のまちおこしと今後の課題)
第3部 東北(東北の地域区分と地域的一体性;北東地域における県土構造とオフィス立地;特別栽培米の展開と成立条件―宮城県登米地域の事例;水揚げ長期低迷化における三陸水産地域の動向―震災復興をみすえて;山形県置賜紬山地の特徴と課題;福島県郡山地域における電機産業の存立構造;東北地方の流通システムと東日本大震災;奥州市における二つの商業地の変容―水沢と江刺の事例;残存する大土地所有者が地方都市の土地利用改変に及ぼす影響―山形県長井市の事例;山形県出身者におけるUターン者と非Uターン者の意識構造)
第4部 総括(経済地理学は地域をどう理解するのか)