言葉は凝縮するほど、強くなる

個数:
電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

言葉は凝縮するほど、強くなる

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年06月01日 10時12分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847098192
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0034

内容説明

短く話せる人になる!凝縮ワード。

目次

01 ぐっと相手をひきつける(すり抜け力;肯定ツッコミ力 ほか)
02 とっさに上手に切り返す(ずらす力;言い逃れ力 ほか)
03 言いにくいことをスルッと伝える(切り上げ力;アンガーマネジメント力 ほか)
04 会話が不思議と盛り上がる(キャッチフレーズ力;かけ合わせ力 ほか)
05 気持ちにそっと寄り添う(煮こごり力;口説き力 ほか)

著者等紹介

古舘伊知郎[フルタチイチロウ]
立教大学を卒業後、1977(昭和52)年、テレビ朝日にアナウンサーとして入社。「古舘節」と形容されたプロレス実況は絶大な人気を誇り、フリーとなった後、F1などでもムーブメントを巻き起こし「実況=古舘」のイメージを確立する。一方、3年連続で「NHK紅白歌合戦」の司会を務めるなど、司会者としても異彩を放ち、NHK+民放全局でレギュラー番組の看板を担った。その後、テレビ朝日「報道ステーション」で12年間キャスターを務め、現在、再び自由なしゃべり手となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「ダラダラしゃべるのは、やめだ!」端的に面白く話せる人になる、「凝縮ワード」を使った会話術。
『報道ステーション』を12年やって戻ってきたバラエティの世界。
僕は、浦島太郎のようだった。一気呵成のしゃべりは、今のテレビに向いていなかったのだ。
“浦島太郎状態”となった古舘伊知郎が、短い持ち時間の中で、いかに気の利いたこと、面白いこと、鋭いことを端的に言えるかを今一度考えた、日常にもビジネスにも使えるワンフレーズ集。

【凝縮ワードの一例】
CASE1 すり抜け力 自信がないことは断定しない 「控えめに言って、最高です!」
CASE2 肯定ツッコミ力 密かに思う「すごい俺」を最大級に賛辞 「四捨五入するれば◎◎と同じですよ」
CASE3 オブラート力 ユーモアにくるむという、大人の対応を 「あ。再放送だと思って聞いちゃった」
CASE4 逆ばり力 相手の予想とは真逆の考え方をする 「モテますよ、荷物だけは☆」
CASE5 オンリーユー力 「あなた」ただ一人に向かって話す 「あなたはどう思いますか?」……and more

【はじめにより抜粋】「言葉を凝縮する」というテーマと、「しゃべりの総尺が長くなる」古舘伊知郎は、最も対極にあると思われたかもしれません。実際、この話は大事だなと思ったら止まらなくなります。《中略》
例えは悪いですけど、覚せい剤で捕まった人が一番共感できるのは、実際に覚せい剤をやって更生した人の話だといいますよね。さんざんしゃべり過ぎて反省をくり返してきました。そんな僕が言うのですから、反面教師にはしていただけるのではないかと思っています。