私は私のままで生きることにした

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

私は私のままで生きることにした

  • ウェブストアに432冊在庫がございます。(2022年05月23日 18時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 287p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784847097539
  • NDC分類 159
  • Cコード C0095

出版社内容情報

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・韓国で50万部突破のベストセラー待望の日本語版、発売決定!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・人と比べて、何になる? 誰かと比べて生きるなんて、もうやめたらいいよ。韓国の若者を中心に大反響!世界にたった一人しかいない“自分”を大切にして生きていくために、忘れないでほしい70のこと。 自分からみじめになってはいけない 誰かの期待に応えようとしてはいけない 自分以外の何者かになろうとしない 自分が輝ける場所で生きていく 通りすがりの人に傷つけられてはいけない すべての人に理解されようとしなくていい etc.

内容説明

私たちはみんな、ヒーローになること、特別な何者かになることを夢見ていた。だけど今では、世界どころか自分を救うことに必死な大人になってしまった。中途半端な年齢、中途半端な経歴、中途半端な実力をもつ、中途半端な大人になった私たちは、誰もが大人のふりをしながら生きている。本書には、今を生きる普通の人へのいたわりと応援を詰め込んだ。何が正解なのかわからない世の中で、誰のまねもせず、誰もうらやまず、自分を認めて愛する方法を伝えたい。

目次

1 自分を大切にしながら生きていくためのto do list
2 自分らしく生きていくためのto do list
3 不安にとらわれないためのto do list
4 共に生きていくためのto do list
5 よりよい世界にするためのto do list
6 いい人生、そして意味のある人生のためのto do list

著者等紹介

キムスヒョン[キムスヒョン]
イラストレーター・作家

吉川南[ヨシカワミナミ]
早稲田大学政治経済学部卒。書籍やテレビ番組の字幕など、幅広いジャンルの翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

lily

129
そこらの上から目線のハウトゥー本や自己啓発本と違うのは韓国の苦しい現状と合わせて、著者の人生で辛かったこと、後悔、羞恥を素直に誠実に語り、そこから得られたこと、変化したこと、決意したことを謙虚に示す温かさにある。科学に頼って統計的に生きるほど、私達はロボットでもないし、平均的な生き方をしてる人は少ない。平均は四方八方に偏った集合を一点に無理矢理集約したものだから。変わってる人だねって言われるくらいが私のままで生きているということ。自分の感性と意志と思考を何よりも大切にしよう。それが最も心地よい生き方だから2020/03/16

けんとまん1007

112
私のまま。これの意味するところは、大きくて広い。人によって受け取り方も、随分と違うと思う。人は、ついつい、いろんなものと比較することで、安心したりすることが多い。しかし、それは自分自身を、自分の都合のいいものと比較し、相対化することで安心感を得ようとするものだと思うので、ある意味、脆いものだと思う。最初は辛いことが多いと思うが、そこから抜け出ることで、見えるものが変わるおt思っている。そんなところを、背中をそっと押すような文章が多く、頷くことが多い。こころが軽くなる1冊。2020/11/16

佳音

88
第一に思った事は、いやあ、大韓民国で生きるって大変なんですね~ということだった。次に、いや、日本社会ではそこまでは..と思いながら、日本人の美徳?で仕舞いこんだ(抑圧した)ものの痛点に著者の言葉が触れて、ぐっと(共感)くるところ...であろうか。2021/03/08

azukinako

61
そうそう、そうだよ。もちろん共感すること多い。他人のことは気にせず、他人からの評価なんかくそくらえ、自分の幸せに関心を持とう。自分がいつ幸せを感じるのか、自分はどんな時に生きていると実感するのか、幸せになるためのレシピを作ろう!2020/12/20

ルピナスさん

57
人生において寄り道が許されない・話も聞いてもらえない国、韓国。日本も同じだ。他の人の評価に左右されることが多いからこの環境に絶望感を感じるけれど、自分で選択したことだから、不安はあるけど不満はないと言える私でありたい。私も作者と同じく、自らの尊厳を大切に、日常の温かさを大切に「よく生きよう」。クスクスと笑ってしまった一節「もしあなたの隣の部屋に諸葛孔明が住んでいたとしても、自分の決定権を委ねてはいけない。過去というあなたのデータベースと、失敗という経験、そして、心のなかの羅針盤だけを信じて前進しよう。」2021/10/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13432416

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。