無性愛

個数:

無性愛

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2022年01月29日 23時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 144p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784847083815
  • NDC分類 589.2
  • Cコード C0072

出版社内容情報

中性的じゃ足りない。
もう男でいさせてください。
『仮面ライダー ゼロワン』で亡役を演じた俳優・中山咲月が、トランスジェンダーであり、「無性愛者」というセクシュアリティについて初めて告白する、超大型フォトエッセイ。

無性愛 asexual---
他者に対して、恋愛感情や性的欲求を感じないセクシュアリティ。

《本文より抜粋》
中性的を突き詰めればベースは「女性」。
周りが求めるジェンダーレス像は自分を消した上でしか成り立たないものにいつしかなっていた。
「女の子なのに、男の子みたいにカッコいい」という付加価値。
「もとは女性」というチャームポイントの違和感。
気づいた時には、もう息ができなかった。

《中山咲月からのメッセージ》
この本の出版が決まったとき、こんなに自由に表現させてもらえるなら、自分のことをすべて包み隠さず話してしまおう、と決めました。
この本を通して、中山咲月のこと、自分が男性として認識して欲しいと思っていること、そして無性愛のことを少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

内容説明

Asexual―他者に対して、恋愛感情、性的欲求を抱くことのないセクシャリティ。俳優・中山咲月、告白フォトエッセイ。

著者等紹介

中山咲月[ナカヤマサツキ]
1998年生まれ、東京都出身。13歳でモデルデビュー、雑誌や広告で活躍。ジェンダレスでミステリアスな魅力が話題となり、モード雑誌からも出演オファーが殺到。同世代からカリスマ的人気を誇る。俳優としてもドラマ・映画・舞台などで活躍。ファッションブランド「Xspada」のプロデュース兼モデルも務め、クリエイティブな一面も支持されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のんちゃ

1
仮面ライダー亡。2021/09/18

いさな

0
フォトエッセイ。トランスジェンダーのこと、無性愛のこと、きっとたくさん悩んで、苦しんで、いろいろと考えてきたのだろうなと思う。だからこそ、男性として生きる決意をした中山さんの言葉は力強く、希望を感じられるものだったのだと思った。写真も格好良く、ストーリー性があって惹き込まれた。ショートムービーも素敵でした。2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18548511

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。