SYNCHRONOUS BOOKS<br> DUEL―世界に勝つために「最適解」を探し続けろ

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

SYNCHRONOUS BOOKS
DUEL―世界に勝つために「最適解」を探し続けろ

  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文の場合にはお取り寄せとなり1~3週間程度かかります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 248p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847072284
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

出版社内容情報

ドイツで伝説と呼ばれ、2年連続「デュエル勝利数1位」、遅い移籍――
「不可能」だと思われたことをことごとく覆してきた


「日本人が屈強なヨーロッパ人に対してフィジカルで勝つことはできない」
「ドイツ語もしゃべれない日本人がキャプテンを務められるのか?」
「海外への移籍は若いうちにしたほうがいい」……

そんな常識を次々と覆したのがサッカー日本代表の遠藤航だ。世界でも屈指のフィジカル能力を誇るリーグ・ドイツのブンデスリーガで2年連続「デュエル勝利数1位」(1対1の対決)を記録。アッと驚かせた。キャプテンとしてシュツットガルトでは「LEGENDO」(レジェンドとエンドウを掛けた造語)と呼ばれるキャプテンとなっているが、その移籍はサッカー界では遅い25歳のときだった。

なぜ遠藤航はこれまで不可能だと思ったことを可能にできたのか
正解を作らず「最適解」を探してきたその哲学と、遠藤が選び、決断したことを赤裸々に告白する。

サッカーの奥深さ、人が成長するために必要なステップ。
カタールワールドカップで「不可能」と言われ続けるベスト8入りを目指す、日本代表をの知られざるストーリーとアッと驚く「サッカーの見方」。

発行: 日本ビジネスプレス
発売:ワニブックス

内容説明

4年で市場価値を600%アップさせた、正解を求めない30の思考法。世界に出て知った「日本の長所」。長友佑都、本田圭佑、岡崎慎司の言葉。日本人でも「1対1」で勝てる理由。大一番でも緊張しない「事前準備」とは。「ドイツでキャプテン」叱るべきか?ドイツで「LEG“ENDO”」と呼ばれた男の真実。

目次

第1章 「正解はない」をスタートにする(「正解はない」をスタートにする;日本には「正解のない」強みがある ほか)
第2章 最適解の探し方~疑う。(置かれた立場に納得しない;「失敗」という評価は鵜呑みにしない ほか)
第3章 最適解を探す~不可能をなくす。(いままでにないデータにフォーカスする;「デュエル」で勝つためのトレーニング ほか)
第4章 最適解を見つける(明確な目標を持つ;逆算から小さなステップを踏む ほか)
第5章 日本サッカー進化論(「世界と差がある」から距離を縮められる;「戦術」を欲しがらない ほか)

著者等紹介

遠藤航[エンドウワタル]
1993年2月9日生まれ。神奈川県出身。中学3年時に湘南ベルマーレユースからオファーを受け、神奈川県立金井高校進学と同時に湘南ベルマーレユースに入団。2010年、湘南ベルマーレに2種登録選手として登録され、Jリーグデビューを果たすと11年よりトップチームに昇格。主力選手として活躍し、19歳でキャプテンも務める。15年に浦和レッズに完全移籍。17年にはAFCチャンピオンズリーグで優勝し、初の国際タイトルを獲得した。また、2015年には日本代表に初選出され、ロシアワールドカップのメンバー入り。同年ベルギーのシント=トロイデンWへ完全移籍。19年8月にVfBシュツットガルトへ期限付き移籍。主軸として1部昇格に貢献、20年4月に完全移籍となる。20-21、21-22シーズンと連続でブンデスリーガ1位のデュエル勝利数を記録。21-22シーズンからはキャプテンを務めるなどチームの中心として活躍。日本代表としても不動のボランチとしてカタールワールドカップアジア最終予選を戦った。日本代表は44試合に出場2得点。ブンデス1部は75試合8得点(2022年10月8日現在)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。