今更のはじめまして

個数:

今更のはじめまして

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月28日 15時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 240p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847072116
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0095

出版社内容情報

人気芸人ニューヨーク初のエッセイ本が完成。
田舎での学生時代、東京での浮かれた大学生時代、芸人生活など
屋敷、嶋佐それぞれが自身の人生を振り返る。
NSCで出会う前の2人になぜか多い共通点や、売れる転機となった出来事など。

テレビに出始めたタイミングが同じでニューヨークにとって自然体でいられる存在
「マヂカルラブリー」との対談も掲載!

【CONTENTS】
第一章 激変する環境
第二章 子供の頃
第三章 学生時代(AD時代)
第四章 NSC時代
第五章 順調な芸人人生のスタート
第六章 挫折
第七章 YouTubeとM-1グランプリとキング オブ コント
第八章 相方のこと
第九章 結婚
第十章 これからのニューヨーク
特別企画 マヂカルラブリー×ニューヨーク スペシャル対談

目次

第1章 激変する環境
第2章 子供の頃
第3章 学生時代(AD時代)
第4章 NSC時代
第5章 順調な芸人人生のスタート
第6章 挫折
第7章 YouTubeと『M‐1グランプリ』と『キングオブコント』
第8章 相方のこと
第9章 結婚
第10章 これからのニューヨーク
特別企画 マヂカルラブリー×ニューヨーク スペシャル対談

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あっか

44
新刊。お笑いコンビ・ニューヨークの生い立ち〜現在に至るまでのエッセイ。飄々としてちょっとイカれてる(?笑)雰囲気のニューヨークのお2人がどういう人生を歩んできて今の立場になったのかが主観的によーく分かる。全然違う場所の生まれ、大人になってから出会った2人なのになぜか育つ過程で共通項があるのが面白い。同じ1986年生まれなので、世代的感覚なのか?「それ分かるわ〜」という共感部分も多々あってにんまり^^面白くてあっという間に読んでしまいました。2022/09/24

服部

4
インタビューが下手なのか編集が下手なのか分からないが、内容の重複が多すぎてイマイチ話が入ってこなかった。2022/10/19

knockknock

1
55-期待してたけど全然だった。ロッキンの2万字インタビューを品質下げて薄めてそのまま長々やってる感じ。内容は悪くないんだけど構成とか校閲が不十分(というか明らかにおかしい箇所いくつか)で書籍としての完成度が低いというか…。とはいえやはり最後のマヂラブとの対談は熱すぎるし、コントは相変わらず定期的に超ヒット作が出てると思うしこのまま頑張ってほしいところ。2023/01/27

レンコン餅

1
毒のあって冷静な屋敷さんと時折空振りを繰り出すけれどホームラン級のボケを生み出す嶋佐さんのバランスが面白いなぁ。タレント力溢れる二人が、ラヴィット!で見つかるまで・・・?  同じエピソードでも印象が変わっていくのも面白い2022/09/29

お笑いループシュート

1
知ってる話も多かったけど、改めてまとめて読んでみると「なるほど」と思える所もあった。 エピソードが全体的に薄めなのも含めて面白かった。2022/09/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20163489
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。