EV(電気自動車)推進の罠―「脱炭素」政策の嘘

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

EV(電気自動車)推進の罠―「脱炭素」政策の嘘

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 333p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784847071072
  • NDC分類 546.59
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ものづくりを守れ!日本とクルマを愛する熱き論客が徹底討論!
★加藤康子(元内閣官房参与)
★池田直渡(自動車経済評論家)
★岡崎五朗(モータージャーナリスト)
SDGs、ESG投資、地球温暖化、環境問題の欺瞞を暴く!

★ EVは環境に優しいの嘘
★ ガソリン車廃止でCO2削減の嘘
★ 燃えるEVバッテリーの本当
★ 中国製リチウムイオン電池が危ない!
★ EVは何故高いのか?(EVの価格の真実)
★ テスラとイーロン・マスクの嘘
★ トヨタとVWの世界戦争勃発
★ そもそも日本には電気が無い!(原発再稼働の真実)
★ EV化で失われる日本の雇用550万人の本当

イーロン・マスク(テスラ)、菅義偉、小泉進次郎、小池百合子、ヘルベルト・ディース(VW CEO)、中国共産党、EU、マスメディアの嘘を暴く!
ガソリン車廃止の真相は?EV化に潜む罠とは?

内容説明

EV化で中国が狙うバッテリー覇権とは?インターネット番組「未来ネット」にて配信中!日本とクルマを愛する熱き論客が徹底討論!SDGs、ESG投資、地球温暖化、環境問題の欺瞞を暴く!

目次

第1章 ガソリン車からEVへのシフトに乗り遅れてはならないの嘘
第2章 EVは環境に優しいの嘘“燃えるEV”―リチウムイオン電池の革新なしに、本格的なEVの普及はない
第3章 EV推進は株価のため?テスラ&イーロン・マスクの功罪―EVが増えてもCO2は減らない
第4章 中国EV最新事情!「中国製造2025」を読み解く
第5章 テスラの何が凄くて何が駄目なのか?EVと自動運転の真実
第6章 欧州が仕掛けるゲームチェンジの罠―迫るLCA規制の実態
第7章 トヨタという企業の真実 フォルクスワーゲンとEUのトヨタ潰し
第8章 パリ協定の嘘!実現不可能なCO2削減目標を掲げるのはなぜか?
第9章 日本の経済安全保障に問題あり―日本にEV成長戦略はあるのか?
第10章 クルマに乗る豊かさと人間らしさ

著者等紹介

加藤康子[カトウコウコ]
元内閣官房参与/産業遺産情報センター長/産業遺産国民会議専務理事/都市経済評論家。慶應義塾大学文学部卒業。ハーバードケネディスクール大学院都市経済学修士課程(MCRP)を修了後、国内外の企業城下町の産業遺産研究に取り組む。山本作兵衛ユネスコ世界記憶遺産プロジェクトコーディネーター。自民党・加藤六月氏(2006年逝去)は父、加藤勝信氏は義弟

池田直渡[イケダナオト]
自動車経済評論家。1965年、神奈川県生まれ。1988年、企画室ネコ(現ネコ・パブリッシング)入社。取次営業、自動車雑誌(カー・マガジン、オートメンテナンス、オートカー・ジャパン)の編集、イベント事業などを担当。2006年に退社後、スパイスコミュニケーションズでビジネスニュースサイト「PRONWEB Watch」編集長に就任。2008年に退社。現在は編集プロダクション、「グラニテ」を設立し、自動車メーカーの戦略やマーケット構造の他、メカニズムや技術史についての記事を執筆している

岡崎五朗[オカザキゴロウ]
モータージャーナリスト。1966年、東京都生まれ。青山学院大学理工学部機械工学科在学中から執筆活動を開始。新聞、雑誌、ウェブへの寄稿のほか、2008年4月からはテレビ神奈川「クルマでいこう!」のMCを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たいき

1
愚痴のようなボヤきのような…テスラへの批判が過剰とも感じた。EVの懸念点や全車EV化への問題を知れたのはよかった。主観的、自動車業界の擁護の本2022/03/06

Kolon

1
EVに関して日ごろから疑問に思っている様々な事についてほぼ全て回答をしてくれた本であった。 本書は、EVの世界はバラ色ではなく、様々な課題や問題点、越えなければいけない技術革新が数多くあり、政治家や似非専門家、投資家の非現実的な未来予測やコメントとは大きく違っていると言うことを示してくれている。 少なくともトヨタを含めた日本の自動車産業に関わる幹部や技術者はこのことに気がついており、様々な発信をしているが、大手メディアは全くそれをきちんと取り上げていない。 本書を読むべきである。2022/02/20

ジョルジョ

1
電気自動車が普及するとCO2排出量が減るという話は、その燃料である電気を作る時にCO2は出ないのかなと思っていたので、この本読んで、納得。世界中で電気不足なのに、原発も反対、化石燃料も反対と叫ぶ中で、EV車が増えて、更に 電気需要が増えたら、どうなるの?不思議な話。この本を読むと、なぜ、EVを推進するかの真の理由がわかる。リチウム電池の問題は、以前、スマホの出火問題を起こし、生産を中止たモデルを買って、そのあと、全面回収した記憶があり、怖いなと思っていたので、安全性の不安はある。世界的に冷静に考えよう。2021/11/25

Go Extreme

1
ガソリン車からEVへのシフトに乗り遅れてはならないの嘘 EVは環境に優しいの嘘“燃えるEV” EV推進は株価のため?テスラ&イーロン・マスクの功罪 中国EV最新事情!「中国製造2025」を読み解く テスラの何が凄くて何が駄目なのか?EVと自動運転の真実 欧州が仕掛けるゲームチェンジの罠―迫るLCA規制の実態 トヨタという企業の真実 フォルクスワーゲンとEUのトヨタ潰し パリ協定の嘘!実現不可能なCO2削減目標を掲げるのはなぜか? 日本の経済安全保障に問題あり クルマに乗る豊かさと人間らしさ2021/11/20

leapyear

0
この後、LCA規制というキーワードが本書に出てくるが、もう少し勉強してから 感想を述べます。2022/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18635399

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。