ワニブックスPLUS新書<br> 知らないと損する年金の真実―2022年「新年金制度」対応

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ワニブックスPLUS新書
知らないと損する年金の真実―2022年「新年金制度」対応

  • ウェブストアに504冊在庫がございます。(2021年12月05日 10時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784847066641
  • NDC分類 364.6
  • Cコード C0233

出版社内容情報

年金に対する間違ったイメージを検証・解説。年金受給者は誰も教えてくれない日本の年金の真実がよくわかる一冊。

内容説明

日本人の9割がしている勘違い。思い込みを捨て、正しい知識を持てる人だけが得をする。2022年新年金制度スタート!1円でも多く受け取るための決定版。

目次

第1章 年金の本質
第2章 年金に対する誤解を解く―初級編
第3章 年金に対する誤解を解く―中・上級編
第4章 知っておくべき年金の歴史
第5章 年金改革で変わること
第6章 公的年金をうまく活用する
第7章 これからの年金との向き合い方

著者等紹介

大江英樹[オオエヒデキ]
1952年大阪府生まれ。経済コラムニスト。オフィス・リベルタス代表。大手証券会社で個人資産運用業務や企業年金制度のコンサルティングなどに従事。定年まで勤務し、2012年に独立後は、「サラリーマンが退職後、幸せな生活を送れるように支援する」という理念のもと、資産運用やライフプラニング、行動経済学に関する講演・研修・執筆活動を行っている。CFP(日本FP協会認定)、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

九曜紋

8
著者曰く、本書は「年金版ファクトフルネス」。少子高齢化社会にあっては「公的年金は破綻する!」という言説がまことしやかに喧伝されているが、それはそういう風に国民を焚き付けたほうが得をする人達(マスコミ、金融機関、野党等)がいるから、ということをエビデンスを基に検証していく。遠からず年金受給者になる身としては参考になった。もちろん、公的年金プラスアルファのお金は必要になるが、それは各人の備え次第。2021/10/27

きおくあたま

6
年金のことをよく知らなかったこともあり、特に公的年金についての正しい知識を得たいと思って読んでみた。時に政治のネタにされることもあるが、「年金のような極めて長期にわたる社会保障制度に『抜本的な改革』はなじまない」といい、100年を見据えた制度設計やマクロ経済スライドの仕組み、年金の所得再分配機能まで大変分かりやすい解説がなされていて、読んでよかった一冊だった。周りに年金のことを少し詳しく知りたい人がいたら、まずこの本を薦めてみたい。2021/11/20

shun

1
一人の就業者が何人の非就業者を養っているか 年金積立金の運用はスプレッドが大事 は理解不十分だったポイントで、参考になった。2021/10/12

k1nishi

0
公的年金に対する誤解を解く内容で、わかりやすい。年金の不安を煽っているのが、マスコミ、金融機関、野党であることもよくわかる。与党の説明もわかりにくいことも確かなので、この本のようにわかりやすくしてほしい。2021/10/23

けんたいかん

0
年金の誤解を解くということに重きが置かれた本。こういう本がもっともっと有名になってほしいし、国民みんながマスメディアから得る情報に正しい姿勢で触れる習慣をつけるようになってほしい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18678878

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。