ワニブックスPLUS新書<br> 交響曲「第九」の秘密―楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実

個数:

ワニブックスPLUS新書
交響曲「第九」の秘密―楽聖・ベートーヴェンが歌詞に隠した真実

  • ウェブストアに134冊在庫がございます。(2017年10月18日 05時42分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784847065941
  • NDC分類 764.31
  • Cコード C0295

内容説明

楽聖・ベートーヴェンの交響曲『第九』。2018年6月には、日本で初めて演奏されてから100年という記念すべき日を迎える。しかし、合唱部『歓喜の歌』の歌詞の“本当の意味”を知る人は世界中を見回しても少ない。ベートーヴェンが生きたヨーロッパ近代の時代背景を丹念に考証し、ドイツ語の歌詞を入念に調べ解釈、まったく違った意味合いが浮かびあがってくる。神秘のベールに包まれた、ベートーヴェンが伝えたかった“真実”。

目次

第1章 苦難に満ちた生涯(あるドイツ少年の話;日本人夫妻にとっての『第九』 ほか)
第2章 『第九』日本初演奏の奇跡(徳島の収容所から紡がれた歴史;クラシック好きの日本人 ほか)
第3章 『第九』の暗示(合唱への導入;『歓喜の歌』の本当の意味(歌詞の全訳・解説))
第4章 現代へのメッセージ(ベートーヴェンの遺産;唯一燃やせなかった『第九』 ほか)

著者紹介

クラメス,マンフレッド[クラメス,マンフレッド] [Krames,Manfred]
1963年、ドイツ・トリーア生まれ。ホリスティックな視点から心身症を研究する専門家。日本に計12年間滞在し、東洋哲学、仏教とともに中国とインドの伝統医学を学ぶ。ドイツ心理カウンセラーの連盟協会会員(VFP)、国際医療ジャーナリスト協会会員。その一方で、長年にわたってベートーヴェンを研究し、『歓喜の歌』を解読。治療効果を発見し、ドイツでは2017年末、アメリカでは2018年6月に著書が発行される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

日本では年末の演奏が恒例となっている、楽聖・ベートーヴェンの交響曲『第九』。2018年6月1日には日本での初演奏から100年という記念すべき日を迎え、また現在までの聴衆者は世界で10億人を超えるとも言われている。しかし、合唱部『歓喜の歌』の歌詞の“本当の意味”を知る人は、世界中を見回しても少ない。今日まで、『歓喜の歌』の歌詞はキリスト教的な意味での神を称えていると考えられてきたからである。そこに異を唱えるのが、ドイツ人研究家の著者、マンフレッド・クラメス氏である。ベートーヴェンが生きたヨーロッパ近世の時代背景を丹念に考証し、ドイツ語の歌詞を入念に調べ解釈すると、まったく違った意味合いが浮かびあがってくるのだ。神秘のベールに包まれた、ベートーヴェンが伝えたかった“真実”とは果たして?その真実は、それを知る人間に「無限の喜び」を与え、より深い充足感と心の安らぎを約束する。