ホームレス中学生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 191p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784847017377
  • NDC分類 779.14
  • Cコード C0076

出版社内容情報

麒麟・田村のせつない面白い貧乏生活がついに小説に!
中学生時代に田村少年が、ある日突然住む家をなくし、
近所の公園に1人、住むようになる超リアルストーリー。
ダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い
集めた幼き日々から、いつも遠くで見守ってくれていた母への
想いが詰まった、笑える泣ける貧乏自叙伝。

内容説明

ダンボールを食べ、ウンコの神様と呼ばれた…麒麟・田村のせつな面白い公園生活!!麒麟・田村の貧乏自叙伝。

目次

衝撃の解散劇
公園生活がスタート
空腹の果てに…
ウンコのオバケと呼ばれて…
野良犬とガチンコ勝負
Tシャツとの悲しい別れ
掛けられなかった電話
人生を変える奇跡的な出会い
兄姉それぞれの苦労
あっけない再会〔ほか〕

著者等紹介

田村裕[タムラヒロシ]
1979年9月3日生まれ。大阪府吹田市出身。吉本興業所属。大阪NSC20期生。1999年10月に川島明とお笑いコンビ・麒麟を結成し、2002年には、「ABCお笑い新人グランプリ第23回」で優秀新人賞を受賞。その後、「M‐1グランプリ」決勝出場で大ブレイク。現在は漫才のみならず、幼少時代の貧乏ネタでも注目が集まり、テレビ・舞台で活躍中。『ホームレス中学生』が初の著書となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

HIRO1970

118
⭐️⭐️⭐️タレント本で7年前の物ですが、期待以上に読ませる話でした。著者が中学生2年生の夏休みから始まる話ですが、現代の日本にも救いはまだあると感じる事が出来るある意味極限の話でした。子供がちょうど中学2年の夏休みなので、彼の部屋の本棚に本書をプラスしてみましたが、読んでくれるかどうかは神のみぞ知るといった感じです。多感な時期に著者の様に何とか踏みとどまれたのは奇跡に近い話ですが、やはり兄弟姉妹の愛と明け透けな母への愛がバックボーンの骨格だと思います。愛情は死して人を動かす強い力がありますね。2014/08/09

ケイ

101
ずーっと積んであったのを読んでみた。ホームレスのまま中学校に通ったのかと思ったら、数日間だったんだ。彼の場合は、親切な有人のお父さんがいたことが、ダメにならなかった一番の理由だろう。夏休みには、学校の先生とはこうもあてにならないのだなあ。知り合いが京都の公立中学で保健室の先生をしているが、学校にきて寝に来る子に臭い子が何人かいて、聞いたら昨日は公演で寝たとか答えるらしい。プチホームレス中学生は案外たくさんいるのかもしれない。2014/11/01

PSV

83
事実は小説よりも奇なり、といったところ。普通はフィクションだと思う、むしろフィクションとしても思いつかないような設定、状況を描いた作品。文章は多少つらいものがあるけど、読みやすいし、何より感情が伝わる。特にお母さんへの心情の吐露は胸を打つ。不覚にも、感動してしまったことを、ここに告白しよう。  ★★★☆☆  後半はホームレスではなかったことは気にしてはいけない。2012/08/26

OCEAN8380

75
ベストセラー小説、姉のバイク話しは面白かった。2012/05/14

再び読書

66
ご存知麒麟田村の自伝、突然親父から解散を言い渡された3兄弟。一番下の裕が、逞しくも必死に生き抜く様は、少子化の今の子供たちには理解し難いと思う。と偉そうに言っている僕もこんな過酷な環境は、乗り越えれる自信はもうとう無い。回りに慈愛に溢れる大人がいたのが救い。しかし、色々な事情はあれど、解散した親父は救われない。救われようともすでに思っていない様な気もする。まかり間違えば田村3兄弟は幼い命を失ったかも知れない。ここでも母親の愛情に涙が出る。母は子供に取って唯一無二の存在です。子供の虐待が無くなる事を切に思う2013/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/405295

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。