村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯

個数:

村長ありき―沢内村 深沢晟雄の生涯

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年06月30日 16時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 254p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846203412
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0093

内容説明

1961年、1歳未満、60歳以上の医療費を無料化。1962年、全国自治体初の乳児死亡率ゼロを達成。豪雪、貧困、多病多死にあえぐ岩手県沢内村にあって「奇蹟」と呼ばれる生命行政を樹立した深沢晟雄の全生涯。

目次

序章 悲しみの雪
第1章 沢内の子
第2章 戦争
第3章 村への道
第4章 ブルドーザー村長
第5章 苦闘
第6章 生命行政
第7章 道標
第8章 村びとよ
終章 火を継いで

著者等紹介

及川和男[オイカワカズオ]
1933年東京生まれ。現在岩手県一関市在住。24年間の銀行員生活を経て、76年より作家活動。小説・ノンフィクション・児童文学と幅広く活躍中。日本文芸家協会・日本ペンクラブ・日本児童文学者協会・島崎藤村学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

5
立派だ。でも単純にそれだけと思えなくなったのは年のせい?個人の熱意がそのまま実行できる時代だったんだなぁとか あれ~?と思うこともあるけど、どこをとっても金太郎飴みたいに立派なんていうのはフィクションしかありえないよねとか思ってしまう2010/05/04

ケン五

2
見事な生涯。覚悟と信念が見事。人として生まれたからには、誰かの役に立ちたい。何かの役に立ちたいと強く思った。深沢村長のように道なき所に道をつけられるような気概を持ちたい。2009/11/24

tamadon

1
重い格差、人々の体と心を蝕む病苦、容赦なく襲う自然災害・・・日々の生活で渇々な岩手県内陸部の人口6千人の村長となった深沢は「生命行政」に一意専心に取り組んだ。時には村内反対勢力に、時には県や国に徹底的に楯突くことも。それが正しかったかどうか。答えは村民みんなの笑顔でわかる。私たちが行政の長にほしいのは政治力より人間らしさ。2009/10/04

スポポ菊池

0
『隠れた名著』とは聞いていたが、想像以上だった。今、沢内村のすぐ隣に住んでおり、沢内村には週一で通うので、深沢村長の苦悩や、当時抱いていた苦しみがいかなるものなのかよく分かる。これぞ地方行政のあるべき姿であろう。2013/03/27

Naoko Orido

0
学生時代授業の一環で購入。深沢村長を尊敬します。また、読み返したい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/432509

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。