世界が見た福島原発災害〈5〉フクシマ・フォーエバー

個数:

世界が見た福島原発災害〈5〉フクシマ・フォーエバー

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月04日 01時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 287p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846116170
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0036

内容説明

福島第一原発事故から5年、政府・マスコミは事故を過去のものとして風化させようとしている。しかし海外メディアが伝えるフクシマの現実は恐るべきものだ。東京は放射性セシウムの「超微粒ガラス球プルーム」に襲われ、呼吸器被曝による人体への影響が必至。凍土遮水壁は上手く行かず汚染水は海へ垂れ流し。600トンもの溶融核燃料が地下に潜り再臨界し暴走する恐れ―などなど、憂慮すべき真実が、日本のメディアでは報道されない。本書は、海外メディアが伝える「フクイチ」の恐るべき現実、日本のメディアが絶体に伝えない真実を明らかにする。

目次

第1章 天網は漏らさず(「マニュアル」ではなく「法」に違反;特措法・炉規法に違反 ほか)
第2章 4号機の怪(3号機を上回るプルームが4号機から出ている!;プールに「キラっと光って」水はあったと東電社員は言った! ほか)
第3章 六〇〇トンの黙示(豪ABCインタビューで初めて明かす;ヒロシマ核分裂ウランの六〇万倍 ほか)
第4章 「未来浄土」へ(公演告知から消された「フクシマ」;ドイツ人特派員の告発 ほか)

著者等紹介

大沼安史[オオヌマヤスシ]
1949年、仙台市生まれ。東北大学法学部卒。北海道新聞社に入社し、根室支局、小樽報道部、札幌本社社会部記者、東京社会部記者、カイロ特派員、外報部デスク、社会部デスク、論説委員を務めたあと、1995年に中途退社してフリーのジャーナリストに。2009年3月まで東京医療保健大学特任教授。個人ブログ「机の上の空」で「フクイチ」情報などの発信を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Miki Shimizu

2
うーん。トリプルどころか、4つもやったんかー。日本すごいなー。しかも、隠しまわってるところもすごい。もう、なにもかも終わってるみたいになってるけど、全然やんー。中国からpm2.5が、、、とかいうニュースはバンバン流すけど、こっちは放射能やぞ!みたいな。ほんと、トンデモ国家なんやろうなー。2017/10/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11243631

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。