アイヌの遺骨はコタンの土へ―北大に対する遺骨返還請求と先住権

個数:

アイヌの遺骨はコタンの土へ―北大に対する遺骨返還請求と先住権

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月23日 19時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846116040
  • NDC分類 316.811
  • Cコード C0036

内容説明

19世紀後半から1970年代まで、北海道大学を中心に全国の大学の教授らが、北海道やサハリン、千島列島など各地のアイヌ・コタンの墓地を曝いて、大量の人骨と副葬品を研究室に持ち去った…。今も大量の遺骨を保管する北大を相手に返還訴訟を起こしたアイヌたちの闘いを通して、先住権を無視したまま日本政府が進める「名ばかりのアイヌ政策」を告発する。

目次

大量のアイヌ遺骨がなぜ全国の大学にあるのか
フォト・リポート アイヌ墓地「発掘」の現場を訪ねる
第1部 コタンの墓地を暴いた者たちへ(私が北海道大学に文書開示請求した理由;肉親の眠る墓を掘られた母の遺言 ほか)
第2部 発掘遺骨「白老再集約」の人権侵害を告発する(アイヌ民族の遺骨を欲しがる研究者;これでいいのか?政府主導の新アイヌ民族政策 ほか)
第3部 北海道大学はアイヌ遺骨を返還せよ(城野口ユリさんの意見陳述;小川隆吉さんの意見陳述 ほか)
第4部 先住民族の遺骨返還の潮流(われらが遺骨を取り戻すまで―アラスカの返還運動;ワイラウバー(ニュージーランド)へのマオリ遺骨返還 ほか)
北大開示文書研究会のとりくみ

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件