石油の隠された貌

個数:

石油の隠された貌

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年07月27日 20時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 449p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846107086
  • NDC分類 568

内容説明

石油は、これまで絶えず世界の主要な紛争と戦争の原因であり、今後も多くの秘密と謎に包まれ続けるに違いない。本書は、世論を巧妙に欺いてきた石油の謎をはじめて明らかにしたものである。1973年のオイルショックは、産油国と国際石油資本との了解による操作だった。世界の石油埋蔵量に関する数字は、まったくのでたらめで、産油国によって都合よく水増しされている。サウジアラビアとロシアではその正確な数字が国家機密扱いになっている。米国は、ソビエト連邦崩壊を引き起こすためにサウジ石油を武器に使った。9.11事件の6カ月前の2001年3月に、石油開発予定区域を線引きしたイラク地図が、チェイニー米副大統領と石油資本の代表らが組織する「秘密委員会」で作成されていた。1日6バレル消費するごとに1バレルしか発見できない石油の浪費と逼迫状況は、前例のないオイルショックの前夜といえる。これらの謎を解く本書は、世界の要人と石油の黒幕たちへの三十数年にわたる直接取材をもとに、石油が動かす現代世界の戦慄すべき姿を明らかにする。

目次

現実と対決しない世界
一八五九年、最初の掘削と石油の噴出
アルベルト・シュペアーとの出会い
「石油は私たちのものではなかった」
大変化の源、リビア
石油への病的食欲
王国の唯一の資源:巡礼者たち
モスクワのボイコット破り
挑発と裏切り
サウジアラビア石油生産の衰退
地獄に堕ちたシェル
中国、支配の世紀
帝国の中心
「この地域に起こることはすべて心配だ」
ヨダとジェダイ
石油と投機家
依存度に対応した盲目性

著者紹介

ローラン,エリック[ローラン,エリック][Laurent,´Eric]
フランスの国際政治ジャーナリスト、作家。法学士、カリフォルニア大学バークレー校で情報科学を学ぶ。ラジオフランスで国際政治を担当、1973年の第四次中東戦争、1979年ソ連のアフガン侵攻、1982年のイスラエルによるレバノン侵攻などを取材。1979年~1980年、『レクスプレス』誌主幹ジャン・ジャック・セルヴァン・シュレベールと『世界の挑戦』を共著。1985年から雑誌『フィガロ』の国際政治欄に執筆、世界各国要人を精力的に取材する。60歳

神尾賢二[カミオケンジ]
1946年大阪生まれ。早稲田大学政経学部中退。ジャーナリスト、翻訳家、映像作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)