論創海外ミステリ<br> 帽子蒐集狂事件―高木彬光翻訳セレクション

個数:

論創海外ミステリ
帽子蒐集狂事件―高木彬光翻訳セレクション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 16時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 390p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846020002
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

著者等紹介

カー,ジョン・ディクスン[カー,ジョンディクスン] [Carr,John Dickson]
1906‐1977。別名にロジャー・フェアベーン、カー・ディクスン、カーター・ディクスン。アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。新聞や学生雑誌への寄稿を経て、1930年に「夜歩く」で作家デビュー。長年の作家活動の業績から、63年にアメリカ探偵作家クラブ賞巨匠賞、70年には同特別賞を受賞した

ハリス,ジェームズ・バーナード[ハリス,ジェームズバーナード] [Harris,James Bernard]
1916‐2004。兵庫県生まれ。日本名は平柳秀夫。終戦後、英語教育者として英会話番組「大学受験ラジオ講座」や「百万人の英語」の講師を30年以上務めた。2004年死去

高木彬光[タカギアキミツ]
1920年9月25日、青森県生まれ。本名・誠一。「刺青殺人事件」(48)で作家デビューし、「能面殺人事件」(50)で第3回探偵作家クラブ賞・長編賞を受賞する。1995年9月9日、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SIGERU

15
表題作は、子どもの頃、新潮文庫(宇野利泰訳)で読んで印象的だった作品。高木彬光訳が論創から出たので、再読してみた。翻訳としての精度は不明だが、文体はこなれている。カーにしてはオカルト趣味が抑制されているが、それでも、霧のロンドン塔でトップハットをかぶった死体が発見される奇抜設定が嬉しいところ。 作家による翻訳といえば、昔は、詩人が糊口を凌ぐためにミステリ翻訳を生業にしていた時期があった。ハヤカワには田村隆一が、創元には鮎川信夫がいて、クリスティ作品で翻訳を競い合っていたのも懐かしい。2021/08/15

engidaruma2006

9
昭和25年に発行された雑誌『別冊宝石』に掲載された作品。ちなみに現在の『小説宝石』とは無関係です。その別冊は1冊にカーの長編を3作ブチ込むという荒技で、全てが抄訳だったらしい。一応この作品は他の2作よりはページ数が多かったみたいだが、それでも原作から重要なシーンが削られているとの事。更に訳者の高木彬光氏は翻訳家では無いので、変にギクシャクした表現も多く、結局の所、内容を楽しむのなら創元推理文庫版を読む方が間違い無いみたい。日本を代表する本格推理作家高木氏がカーの作品を訳した、その点のみが貴重な一冊です。2020/11/19

とし

2
ストーリーやトリック等自体は面白かったのだが、抄訳であるためかプロの翻訳ではないためか、若干表現に違和感があるのと登場人物の描写が蔑ろになっているようで油断すると誰が誰だかわかなくなりそうになる。 正直雑誌の一節ならともかく、ハードカバー本にして出すほどのものなのか疑問。2021/03/16

totoro1949

0
訳が良くない 2021/11/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16737111

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。