希望(のぞみ)を失わず

個数:

希望(のぞみ)を失わず

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 18時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 292p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846019112
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0023

目次

「朝陽門外」から(中国に行く;崇貞学園の創立 ほか)
終戦まで(老北京;かえって恵まれた境遇 ほか)
終戦から引揚まで(八月十五日;「己が部屋」に祈る ほか)
桜美林物語(生くる望みを失う;ああ祖国日本 ほか)

著者等紹介

清水安三[シミズヤスゾウ]
桜美林学園創立者。桜美林学園第3代理事長。1891年、滋賀県生まれ。中学時代にW・M・ヴォーリズの感化を受け、同志社大学神学部に進学。その後、渡米しオベリン大学に学ぶ。1917年、日本人宣教師第一号として中国・大連へ渡り、布教を開始。翌1918年、横田美穂と結婚後、児童園を設置。1921年、貧困にあえぐ子女のため手工芸をしつつ学ぶ半工半読の崇貞平民工読学校を北京の朝陽門市街に開校。翌年に崇貞女子学園、1938年に崇貞学園と改名。その後、小・中学校を併設し、中国人のほか中国在住の日本人にも門戸を開く。敗戦により帰国、後妻の清水郁子とともに東京都町田市に「キリスト教主義に基づいた国際的な教養人の育成」を建学の精神とする学校法人桜美林学園を創立する。1988年死去、96歳(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。