荷風と玉の井「ぬけられます」の修辞学

個数:

荷風と玉の井「ぬけられます」の修辞学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月02日 08時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 250p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846018207
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

生誕140年、没後60年!永井荷風「〓東綺譚」の秘密。政治学、図像学、地政学で荷風と玉の井の秘密を新たに解き明かす!

目次

第1章 永井荷風の「復活」―『つゆのあとさき』と女給
第2章 ヒモと金の“物語”―『ひかげの花』と私娼
第3章 『〓東綺譚』の読まれ方―研究史概観
第4章 玉の井への道程―『断腸亭日乗』と『寺じまの記』を読む
第5章 玉の井の政治学―消えたラビリンス
第6章 玉の井の図像学―「ぬけられます」からぬけでるために
第7章 玉の井の地政学―永井荷風と地図
第8章 「報告文学」の季節―『〓東綺譚』の受容から

著者等紹介

嶋田直哉[シマダナオヤ]
1971年生まれ。立教大学大学院文学研究科日本文学専攻博士後期課程中退。フェリス女学院中学校・高等学校教諭、志學館大学人間関係学部准教授を経て、明治大学政治経済学部准教授。博士(文学)。専攻は日本近代文学・現代演劇批判(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ワッピー

30
「濹東綺譚」を頂点として、荷風の描いた私娼たちの世界の背景に迫る論考。「つゆのあとさき」や「ひかげの花」の背景から説き起こし、次第に玉ノ井界隈に迫っていきます。多くの読者が惹きつけられる理由は「場」としての玉ノ井の在り方と荷風の特徴である懐古観が見事に重なった結果のようです。「墨東~」挿画家木村荘八のレポート「墨東挿画余談」でも、取材の際に懐古の念を抱いたとあり、共通する懐かしさを惹起する要素があるのかもしれません。これから何度も読むであろう「墨東~」の不思議な世界を一層深堀りすることができました。2019/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13761398

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。