日影眩 仰視のエロティシズム

個数:

日影眩 仰視のエロティシズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月23日 19時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 139p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846017705
  • NDC分類 726.5
  • Cコード C0071

内容説明

横尾忠則とともにイラストレーターとして活躍、谷岡ヤスジのアドバイスで描いた作品が「仰天のエロス」として一世風靡、実相寺昭雄の挿絵担当。その後米国に長く住み、現代美術家として活動し40年!かつて夕刊紙に掲載したエロティックな絵を改めて世に問う。

目次

仰視のエロティシズム(谷川渥)
春/Spring
夏/Summer
秋/Autumn
冬/Winter
The Eroticism of Gyoshi

著者等紹介

日影眩[ヒカゲゲン]
1936年兵庫県生まれ。1955年神戸でグラフィックデザイナーとしてデビュー、具体美術の吉田稔郎、イラストレーター灘本唯人、グラフィックデザイナー横尾忠則などと先端的グループを結成した。1957年上京。1960年日宣美展入選。グラフィックデザイナーのかたわら1972年より1987年まで新聞雑誌などにイラストレーションを発表した。谷岡ヤスジ、実相寺昭雄、0次元加藤好弘など大ファンは多い。1980年に画家に転じ、1983年を初個展を「元祖ローアングル」と写真週刊誌「フォーカス」が報道、脚光を浴びた。1994から2014年までニューヨークに在住。2000年「日影眩の360°のニューヨーク」を出版。2011年池田20世紀美術館で長期個展

谷川渥[タニガワアツシ]
1948年東京生まれ。美学者。國學院大學教授を経て京都精華大学客員教授などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。