地域学叢書<br> 小平学・まちづくり研究のフロンティア

個数:

地域学叢書
小平学・まちづくり研究のフロンティア

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2018年10月18日 07時08分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 308p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784846017491
  • NDC分類 318.636
  • Cコード C0036

内容説明

白梅学園大学(東京都小平市)が2016年末に設立した「白梅学園大学小平学・まちづくり研究所」が開催した研究会および市民向け公開シンポジウムの記録。研究者、医師、市民活動家、市職員、司書、社会福祉士ら総勢16名の著者が歴史と伝統、生活と文化、自然と環境、住民活動、医療・介護・福祉等さまざまな側面からまちづくりについて検証し、小平市の実像を明らかにする。

目次

第1章 小平学とまちづくりの目ざすもの(小平学の生成とまちづくり―まちづくり・地域学への挑戦の時代;『小平市史』の意義と役割―市史を編さんして ほか)
第2章 小平市における共生と共創(小平市の地域包括ケアの現状と課題―住み慣れた小平で、いきいきと笑顔で暮らせる地域社会をめざして;小平市在宅における医療と介護の連携について―小平市在宅医療介護連携推進協議会と、ひまわり在宅ネットワークの活動と、そして、日々の在宅診療から見えること ほか)
第3章 小平市の文化、教育、環境、まちづくり(小平市の図書館活動;白梅学園大学・短期大学の地域活動―小平西地区地域ネットワークを中心に ほか)
第4章 小平市の支え合いの地域づくり活動(小平市自治基本条例の検証と課題;小平市における市民活動の役割 ほか)
第5章 小平市は終の棲家になりうるか―二回のシンポジウムから(第一回シンポジウム「先進事例に学ぶ―生活支援と住民の力」;第二回市民公開講座シンポジウム「人生の最終段階をどう迎えますか―東京都小平市の在宅看取り現場から考える」)