日本労働組合論事始―忘れられた「資料」を発掘・検証する

個数:

日本労働組合論事始―忘れられた「資料」を発掘・検証する

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年05月09日 20時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 366p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846017125
  • NDC分類 366.621
  • Cコード C0021

内容説明

日本労働運動史の原点を問う。労働組合思想の導入が明治初期であると明示しつつ、歴史に埋もれた幸徳秋水の『全集』、ロシア革命批判の小冊子、今村力三郎の『芻言』、数々の個人紙誌を発掘・検証する!

目次

第1部 忘れられた日本における労働組合の導入過程(日本における労働組合思想の導入過程;日本労働組合論事始)
第2部 忘れられた『幸徳秋水全集』の発掘(幻の戦前版『幸徳秋水全集』再考;痛恨の思いこもる今村力三郎の『芻言』)
第3部 忘れられた自由連合・アナキズム系の多様な団体と機関紙誌・パンフレット(全国労働組合自由連合会(全国自連)小史―機関紙『自由連合』『自由連合新聞』『全国自連ニュース』を中心に
高尾平兵衛らの戦線同盟と機関紙『革命評論』『民衆新聞』―アナ・ボル対立の狭間で訴えた共同戦線論
底辺女性の解放を訴えた柳沢善衛の生涯と機関紙誌・パンフレット
アナキズム系のロシア革命批判パンフレット―パンレット等小出版物の重要性を見直す時)
第4部 忘れられた思想家の個人紙誌(日本における思想家の個人紙誌;加藤一夫と個人誌『大地に立つ』―半個人誌から個人紙(第二次)へ)

著者等紹介

小松隆二[コマツリュウジ]
所属:白梅学園、慶應義塾大学(名誉教授)、日本ニュージーランド学会、現代公益学会、社会政策学会、他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。