K.Nakashima Selection<br> 修羅天魔―髑髏城の七人 極

個数:

K.Nakashima Selection
修羅天魔―髑髏城の七人 極

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月16日 19時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 193p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846017071
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0074

内容説明

完全新作!修羅の道を行く女と影の男。関東荒野の色里に身を寄せた一人の美女、極楽太夫。その正体は、かつて織田信長にもっとも信用され愛された狙撃手だった。関東に勢力を広げる関東髑髏党の首領・天魔王の暗殺を企てていた矢先、天魔王から意外な事実を知らされる…。奇しき縁で結ばれた熾烈な戦いの幕が開く。

著者等紹介

中島かずき[ナカシマカズキ]
1959年、福岡県生まれ。舞台の脚本を中心に活動。85年4月『炎のハイパーステップ』より座付作家として「劇団☆新感線」に参加。以来、“いのうえ歌舞伎”と呼ばれる物語性を重視した脚本を多く生み出す。『アテルイ』で2002年朝日舞台芸術賞・秋元松代賞と第47回岸田國士戯曲賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けいこ

15
舞台は未観賞。天魔王が人間味があって惹かれる場面もあったし、少し笑える場面もあって良かったです。舞台はこれに殺陣が入るわけだから、想像するだけで面白そう。早く映像化して欲しいです。2018/03/17

arisaka

7
完全新作、物語の大筋は変えず主人公を変えるという荒技をやってのけた一作。千秋楽の余韻の中読んだので、いろいろ思い出してぐっときた。特に新感線の芝居の場合、役者さんへのアテ書きが多いので、この戯曲も極楽太夫・天海祐希さんあってこそ。「ここからが始まりだよ」一番最後の物語の一番最後のセリフ。最後の髑髏城であり最初の髑髏城になる。物語の転生。また次の髑髏城で待っている。2018/05/31

ゆま

2
3.4.5月只管読み続けた。 観劇日もそれ以外も毎日持ち歩いた。 戯曲にはこう書いてあるけど、ここ変えたんだな、とかちょっと増やしたなっとか公演時間の変更があってから、このセリフ無くなっちゃったな、って。殆ど教科書感覚。 今でも戯曲を読むと楽しかった日々か蘇ってちょっとだけ切なくなる。 何より、あとがきの中島さんの、、、いや、新感線のゆりちゃんへの愛に泣いた。 ありがとう、天海祐希半世紀記念をやってくれて。 2018/03/19

みりん

1
観劇後に読了。今迄の踏襲でありつつも新しい髑髏城。太夫であり捨之介であり蘭兵衛でもある極楽の「渡り遊女を名乗っていても、紅は血しぶき吐息は硝煙」という口説きが最高にかっこいい。声に出して読みたい日本語。これ単体でももちろん面白いけど、過去作読んでおいた方が「あの人のセリフをこの人が…!」「あの場面そうしてきたか!」みたいに楽しめるので是非(宣伝) ただカンテツの部分は舞台で観ないと面白さが伝わりづらいかもしれない。あの役はほぼ三宅弘城さんの勢いで出来ている…。2018/04/05

辺野錠

0
あらすじは従来のバージョンと大体同じだが登場人物は物凄く再構築されて別物になっていてリブートと言うかむしろリ・イマジネーションという趣。主人公が捨之介じゃなくって極楽太夫なのが新鮮。カンテツのエキセントリックさが強烈だったので舞台版も気になった。2018/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12735465

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。