明治前期の災害対策法令〈第1巻〉一八六八‐一八七〇

個数:

明治前期の災害対策法令〈第1巻〉一八六八‐一八七〇

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 1068/高さ 22cm
  • 商品コード 9784846016852
  • NDC分類 369.3
  • Cコード C1032

内容説明

明治初期、形成されつつあった政府は、災害にどう対応したか。『法令全書』より、1868年から70年までの災害対策法令(全111件)を発布順に配列し、詳細な注解を付す。災害対策に関する維新政府の基本姿勢と対応の詳細、法令の総体とその構造を掴むための基礎的資料。災害予防から罹災者の救援、さらに災害対策を担当する組織にいたるまで、多面的に記述し考察を加える!

目次

序説(災害対策基本法から明治前期の災害対策法令へ;官僚制の創出を媒介した災害対策を巡る明治初年の政治的闘争;災害と危機管理;本書の方法と構成)
注解(一八六八年(慶応三年一二月七日から明治元年一一月一八日まで)
一八六九年(明治元年一一月一九日から明治二年一一月二九日まで)
一八七〇年(明治二年一一月三〇日から明治三年一一月一〇日まで))
小括(近代国家形成のなかの災害対策;一八六八年から一八七〇年にかけての時期の災害対策法令―分野ごとの総括)

著者等紹介

井上洋[イノウエヒロシ]
1957年栃木県生まれ(塩谷郡氏家町)。1985年名古屋大学大学院法学研究科(政治学専攻)単位取得満期退学。群馬大学講師、同助教授、名古屋学院大学助教授を経て、南山大学教授。専攻:災害対策法制研究。行政史(日本、イギリス)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。