死の貌―三島由紀夫の真実

個数:

死の貌―三島由紀夫の真実

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月19日 17時42分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 300p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784846016692
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

果たされなかった遺言、自身がモデルのブロンズ裸像!「花ざかりの森」自筆原稿発見、楯の会突入メンバーの想い、川端康成との確執、代作疑惑。

目次

第1章 辛苦―処女作「花ざかりの森」
第2章 相克―「眠れる美女」の迷宮界
第3章 瞋恚―市ヶ谷に果てたもの
第4章 脱自―セバスチャンの裸体像

著者等紹介

西法太郎[ニシホウタロウ]
1956(昭和31)年長野県生まれ。東大法学部卒。総合商社勤務を経て文筆業に入る。「21世紀の日本を考える竹林会」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chuji

3
久喜市立中央図書館の本。2017年12月初版。書き下ろし。三島由紀夫研究本。三島は高校生の頃読んだ【仮面の告白】と文庫版ちくま日本文学全集位しか読んでいない。三島が自決したのはオイラが小六の時で、なんか演説していた映像を覚えている。もう半世紀近く前の出来事です。川端が自死したのは確か高二の時でした。この本での新たな発見は彼の岳父がオイラの大好きな画家の杉山寧だったという事ででした。装丁は三島の彫像なのでしょう。局部が削られている所も見たかった?2018/05/02

しびぞう

2
筆者の心の中にある「三島由紀夫」を完璧なものにしようと書かれたもののよう。私は途中で投げ出した。私の心の中にも理想の「三島由紀夫」がいる。その姿は、生き様は、誰かの思い込みで左右されてよいものではなく、ただ、三島本人の作品を読む度にころころと変わるものなのではないかと思う。三島を知らない人には面白いのかもしれないが、私のように三島を必要以上に崇め神格化している人には読むことを薦めない。2018/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12455219
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。